マザーズ指数は続落、材料株に物色集中

公開日: : マザーズ市況

 本日のマザーズ市場は、前日まで上昇が続いていたミクシィ<2121>や12月IPO銘柄を中心に、幅広い銘柄で利益確定売り優勢の展開となった。物色は個別材料のあった銘柄に集中したほか、株価に底入れ感のあった銘柄を買い戻す動きも散見された。なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で1079.64億円。騰落数は、値上がり65銘柄、値下がり117銘柄、変わらず20銘柄となった。
 個別では、ミクシィのほか、OTS<4564>、CANBAS<4575>、U-NEXT<9418>、UBIC<2158>、アンジェス<4563>などが軟調。12月IPO銘柄ではエクストリーム<6033>とサイジニア<6031>が10%を超える下落となったほか、アトラ<6029>、弁護士ドットコ<6027>、データセクショ<3905>、MRT<6034>なども下げが目立った。一方、SHIFT<3697>がマザーズ売買代金首位となり13%超の上昇。アクトコール<6064>、リアルコム<3856>、アクロディア<3823>はストップ高に。また、オプティム<3694>、ファーマF<2929>、UNITED<2497>も上昇が目立った。

<HK>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

公募増資と市場変更発表のコロプラが賑わう

 本日のマザーズ市場は、短期的な底入れ感が意識される中で堅調な展開となった。直近で売り込まれた主力の

記事を読む

no image

主力株への換金売りが続きマザーズ指数は大幅下落

 本日のマザーズ市場は、香港情勢など外部環境の先行き不透明感が燻る中で、上値の重い展開となった。ミク

記事を読む

no image

景気敏感株への資金シフトが逆風となり盛り上がりに欠ける

 本日のマザーズ市場は、急速な円安進行を背景に景気敏感系の大型株に資金が向かい、引き続き、上値の重い

記事を読む

no image

追い証発生に伴う換金売り懸念が燻り神経質な展開

 本日のマザーズ市場は、外部環境の落ち着きが追い風となり、直近で下落の目立っていた主力株を中心に戻り

記事を読む

no image

東証1部市場のテーマ株へ資金シフトで利益確定売り優勢

 本日のマザーズ市場は、短期的な過熱感が意識される中で上値の重い展開となった。東証1部市場では水素関

記事を読む

no image

短期的な過熱感や週末要因などから利益確定売り優勢

 本日のマザーズ市場は、直近の短期的な過熱感が意識され、利益確定売り優勢の展開となった。週末要因から

記事を読む

no image

サイバエージの急落が重しとなりマザーズ指数は逆行安

 本日のマザーズ市場は、来週から本格化する企業決算の発表を控えて、様子見ムードの強まる展開となった。

記事を読む

no image

ミクシィなど失速で物色の矛先が見出せず

 本日のマザーズ市場は、外部環境の不透明感が重しとなったほか、手掛かり材料が欠ける中で方向感が乏しい

記事を読む

no image

主力のネット関連の一角が押し目買い優勢に

 本日のマザーズ市場は、日銀による追加金融緩和期待を背景に過度な下値不安が後退する中で、引き続き、戻

記事を読む

no image

ミクシィが急速に伸び悩み利益確定売りも膨らむ

 本日のマザーズ市場は、手掛かり材料が乏しい中で、引き続き上値の重い展開となった。ミクシィが上値追い

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑