マザーズ指数は反落、短期の値幅取り狙いの物色が中心

公開日: : マザーズ市況

 本日のマザーズ市場は、前日の流れを引き継いで寄り付き後に買い優勢となる場面もあったものの、日経平均が下げ幅を拡大するのに歩調を合わせ利益確定売りが広がる展開となった。短期の値幅取り狙いの物色が中心で、大引けにかけて急速に値を消す銘柄も多く見られた。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で1201.47億円。騰落数は、値上がり46銘柄、値下がり149銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、エクストリーム<6033>がマザーズ売買代金首位に。一時19%高となる場面もあったが、大引けにかけてマイナスに沈んだ。その他、OTS<4564>、FFRI<3692>、サイバダイン<7779>、データセクショ<3905>、アンジェス<4563>などが軟調。サイジニア<6031>はストップ安。また、U-NEXT<9418>、アクロディア<3823>、アクセルマーク<3624>、CANBAS<4575>、マルマエ<6264>、UBIC<2158>が10%超の下落となった。一方、ミクシィ<2121>、アスカネット<2438>、ファーマF<2929>、フィンテック<8789>、APLIX<3727>などが堅調。SHIFT<3697>は2日連続のストップ高。また、GNI<2160>やアルファポリス<9467>、モブキャス<3664>の上昇が目立った。

<HK>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

マザーズ指数は反落、ミクシィ急落も個別物色は旺盛

 本日のマザーズ市場は、前場にミクシィが急落した影響もあり軟調な展開となった。上げ幅を縮小する銘柄や

記事を読む

no image

ミクシィなど主力株を中心に換金売りが膨らむ

 本日のマザーズ市場は、中小型株に対する物色意欲がやや停滞する中で、上値の重い展開となった。とりわけ

記事を読む

no image

マザーズ指数は3日続伸、買い優勢で950ポイント台を回復

 本日のマザーズ市場は、個別材料のあった中小型株に資金流入が継続したほか、ミクシィなどの売買代金上位

記事を読む

no image

イグニスの人気化も追い風となり堅調推移

 本日のマザーズ市場は、良好な外部環境やIPO人気の高まりなどが支援材料となり、堅調な展開となった。

記事を読む

no image

マザーズ指数は大幅続伸、幅広い銘柄で買い戻し優勢に

 本日のマザーズ市場は、幅広い銘柄で買い戻し優勢の展開となった。海外株や国内主力株の大幅上昇を受けて

記事を読む

no image

ミクシィやサイバーダインなどの上値重く盛り上がりに欠ける

 本日のマザーズ市場は、中小型株に対する物色意欲の強さが支援材料となった一方、地政学リスクが燻る中で

記事を読む

no image

マザーズ指数は続落、12月IPOを控え引き続き換金売り優勢

 本日のマザーズ市場は、前日に続き換金売り優勢の展開となった。前日に大きく下げた反動から、前場は下げ

記事を読む

no image

東証1部市場のテーマ株へ資金シフトで利益確定売り優勢

 本日のマザーズ市場は、短期的な過熱感が意識される中で上値の重い展開となった。東証1部市場では水素関

記事を読む

no image

マザーズ指数は軟調もロボット関連や直近IPO銘柄は賑わう

 本日のマザーズ市場は、今晩の米雇用統計を控えて様子見姿勢が強まる中で、上値の重い展開となった。ただ

記事を読む

no image

サイバーダインは人気化も物色波及は見られず

 本日のマザーズ市場は、主力株を中心に上値の重い展開が継続した。注目のサイバーダインは人気化となった

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑