コニシ Research Memo(9):設備投資やM&Aに取り組み、企業本質の変革へ

公開日: : 注目トピックス 日本株

■中期経営計画

(2)新しい中期経営計画

以上のような状況の中でコニシ<4956>は、現在新しい中期経営計画を策定中である。詳細内容の発表は2014年度末くらいになるようだが、次の利益目標がどの水準になるのかに注目する必要がある。一方で、同社は高水準の設備投資を行うと同時にM&Aにも前向きであり、積極的に企業体質の改善に取り組んでいる。定量的な目標も重要であるが、今後はこのような企業体質の変革にも注目する必要があるだろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

アダストリアHDが急伸、9-11月期の収益好転をポジティブ視

アダストリアHDが急伸。前日に第3四半期の決算を発表、ポジティブな材料につながる格好へ。累計営業利

記事を読む

no image

伊藤忠エネクス Research Memo(1):エネルギーをキーワードに幅広く事業を展開

伊藤忠エネクスは伊藤忠商事グループ内でエネルギー分野の中核を担う石油系商社。産業向けの燃料販売から

記事を読む

no image

遠藤照明が急落、想定以上の業績予想の下方修正を嫌気

遠藤照明が急落。前日に業績予想の下方修正を発表している。上半期営業利益は従来予想の11億円から2.

記事を読む

no image

ホンダがさえない、外部環境の悪化や格下げなどを嫌気

ホンダがさえない。米国株安や為替の円高など外部環境の悪化に加えて、国内での自動車の生産調整に踏み切

記事を読む

no image

トライステージ Research Memo(5):財務基盤は引き続き磐石、収益性の改善が課題

■業績動向 (2)財務状況と経営指標 トライステージの2014年2月末の財務状況を見ると、総資産

記事を読む

no image

大研医器<7775>成長戦略の目玉はMEMS デバイスの新製品・新領域への展開

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』6月30日放送にお

記事を読む

no image

スクリーンが急反発、受注減速や今期計画に対する失望感は織り込み済みとも

大日本スクリーン製造が急反発。シティでは、目標株価を580円から560円に引き下げているものの、投

記事を読む

no image

アデランス Research Memo(14):複数のブランド展開、顧客視点でのわかりやすさ向上が課題か

■事業の詳細 (5)ブランド戦略 ○サービス、商品で複数のブランドを展開 アデランスは、男性

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~サンデンが急伸、今期の収益回復を期待する動きに

サンデンが急伸でランクイン。前日に業績予想の修正を発表している。純利益は45億円から55億円に上方

記事を読む

no image

太平洋セメントが急反発、市場コンセンサス上振れの業績観測報道を好感

太平洋セメントが急反発。4-6月期営業利益は前年同期比約2割増益の110億円前後になったもようとの

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑