ADR日本株ランキング~ソニーなど全般軟調、シカゴは大阪比325円安の16885円(訂正)

公開日: : 注目トピックス 日本株

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル118.28円換算)で、富士重<7270>、ソニー<6758>、日東電<6988>、ルネサス<6723>、イオン<8267>、ファーストリテ<9983>など全般軟調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比325円安の16885円。

12日の米国株式相場は、ダウ平均が96.53ドル安の17640.84、ナスダックが39.36ポイント安の4664.71で取引を終了した。ゴールドマン・サックスが原油価格の予想を引き下げたことなどで、原油価格が約5年9か月ぶりの安値を更新したことが嫌気され、エネルギー株を中心に終日軟調推移となった。今週から本格化する10-12月期決算の内容を見極めたいとの思惑から、一旦手仕舞う動きも広がった。

ドル・円は119円21銭から118円13銭まで下落し118円30銭で引けた。原油価格が続落し2009年来の安値を更新したことが懸念材料となりリスク回避の円買いや米債券利回りの低下に伴うドル売りに拍車がかかった。その後、米12月労働市場情勢指数の上昇を受けてドル売りが後退し下げ止まった。

NY原油は続落(NYMEX原油2月限終値:46.07 ↓2.29)。46.84ドルから一時45.90ドルまで下落した。米ゴールドマン・サックス(GS)が、原油相場見通しを大幅に下方修正したことが嫌気され、売りが優勢になった。ブレント原油先物も一時47.16ドルまで下落した。

なお、ADR日本株の上昇率、下落率上位は以下の通り。

■ADR上昇率上位銘柄(12日)
※上昇銘柄が少ないため、下落率の低い銘柄を上昇率上位に記載しております。

コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<6770>アルプス 39.07ドル 2311円 (+10円) +0.43%
<7752>リコー 49.92ドル 1181円 (-7円) -0.59%
<3401>帝人 27.50ドル 325円 (-2円) -0.61%
<4452>花王 39.54ドル 4677円 (-32円) -0.68%
<4523>エーザイ 40.36ドル 4774円 (-33.5円) -0.70%

■ADR下落率上位銘柄(12日)

コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<6753>シャープ 2.12ドル 250円 (-11円) -4.21%
<8252>丸井 17.55ドル 1038円 (-35円) -3.26%
<8303>新生銀 3.22ドル 190円 (-6円) -3.06%
<5406>神戸鋼 8.35ドル 198円 (-6円) -2.94%
<7205>日野自 136.16ドル 1611円 (-48円) -2.89%

■その他ADR銘柄(12日)

コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)
<1925>大和ハウス 18.61ドル 2201円 (-48円)
<1928>積水ハウス 12.96ドル 1533円 (-18円)
<2503>キリン 12.00ドル 1419円 (-23.5円)
<2802>味の素 18.39ドル 2175円 (-19.5円)
<3402>東レ 80.01ドル 946円 (-11.5円)
<3407>旭化成 18.08ドル 1069円 (-17.5円)
<4452>花王 39.54ドル 4677円 (-32円)
<4523>エーザイ 40.36ドル 4774円 (-33.5円)
<4901>富士フイルム 31.30ドル 3702円 (-39.5円)
<5108>ブリヂストン 17.73ドル 4194円 (-51.5円)
<5401>日鉄住金 24.01ドル 284円 (-3円)
<5802>住友電 12.51ドル 1480円 (-12.5円)
<6301>コマツ 21.27ドル 2516円 (-45.5円)
<6503>三菱電 23.41ドル 1384円 (-30円)
<6594>日電産 16.47ドル 7792円 (-143円)
<6645>オムロン 42.45ドル 5021円 (-89円)
<6702>富士通 24.97ドル 591円 (-9.9円)
<6723>ルネサス 3.20ドル 757円 (-21円)
<6758>ソニー 21.36ドル 2526円 (-73円)
<6902>デンソー 22.31ドル 5278円 (-107円)
<6971>京セラ 44.27ドル 5236円 (-125円)
<6988>日東電 27.96ドル 6613円 (-191円)
<7201>日産自 16.98ドル 1004円 (-12円)
<7202>いすゞ 12.24ドル 1448円 (-26.5円)
<7203>トヨタ 126.04ドル 7454円 (-155円)
<7267>ホンダ 29.41ドル 3479円 (-52.5円)
<7270>富士重 70.64ドル 4178円 (-124円)
<7733>オリンパス 34.82ドル 4118円 (-97円)
<7741>HOYA 33.64ドル 3979円 (-41円)
<7751>キヤノン 31.11ドル 3680円 (-35.5円)
<7974>任天堂 12.72ドル 12041円 (-164円)
<8001>伊藤忠 21.08ドル 1247円 (-21.5円)
<8002>丸紅 57.84ドル 684円 (-9.7円)
<8031>三井物 255.76ドル 1513円 (-22円)
<8053>住友商 9.90ドル 1170円 (-13円)
<8058>三菱商 35.04ドル 2072円 (-26.5円)
<8267>イオン 9.97ドル 1179円 (-32円)
<8306>三菱UFJ 5.22ドル 617円 (-15.8円)
<8309>三井トラスト 3.54ドル 418円 (-10.2円)
<8316>三井住友 6.85ドル 4051円 (-43円)
<8411>みずほFG 3.31ドル 196円 (-1.5円)
<8591>オリックス 58.93ドル 1394円 (-29.5円)
<8604>野村HD 5.36ドル 634円 (-14.2円)
<8766>東京海上HD 32.86ドル 3887円 (-60円)
<8802>菱地所 19.98ドル 2363円 (-32.5円)
<9432>NTT 26.49ドル 6266円 (-101円)
<9437>NTTドコモ 15.52ドル 1836円 (-36円)
<9735>セコム 13.82ドル 6539円 (-123円)
<9983>ファーストリテ 36.88ドル 43628円 (-1132円)
<9984>ソフトバンク 29.82ドル 7053円 (-151円)

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

カイオム Research Memo(1):エボラウイルスの抗体作製に成功、「パンデミック感染症」分野の開発を加速化

カイオム・バイオサイエンスは、理化学研究所(以下、理研)発の創薬基盤技術型バイオベンチャーである。

記事を読む

no image

IBJ—台湾最大級の婚活サイト運営会社と合弁会社を設立、台湾に本格進出へ

婚活サービスのIBIは17日、台湾で婚活サービスを展開するSunfun Info社(サンファンイン

記事を読む

no image

ティー・ワイ・オー Research Memo(3):設立以来、クリエイティブ力を強みに順調に事業を拡大

■会社概要 (2)沿革 ティー・ワイ・オーは、1982年4月に東京都港区六本木においてCM制作

記事を読む

no image

キーエンスは年初来高値更新、好決算と目標株価引き上げの動きを好感

キーエンスは年初来高値更新と強い動きが目立つ。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は365億円で

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~ソニーなど全般堅調、シカゴは大阪比125円高の16945円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル115.19円換算)で、ソニー、三井住友FG、富士

記事を読む

no image

ナガイレーベン Research Memo(9):目標配当性向は50%と高水準、自社株買いも機敏に実施

■株主還元策 ナガイレーベンの自己資本比率は89.7%(2014年8月期第3四半期末)に達しており

記事を読む

no image

システムインテ—2014年2月期は3期連続で過去最高業績を更新、主力製品の好調で2015年2月期も4期連続更新へ

独立系ソフトウェアベンダーのシステムインテグレーターは11日、2014年2月期決算を発表した。通期

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(7/24号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 高松G

記事を読む

no image

ハブ<3030>ブラジルワールドカップ開催で集客増に期待

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』6月9日放送におい

記事を読む

no image

証券各社レーティング(格上げ):ニトリHD、THKの2社

■格上げ(※新規格付けの場合は強気) 銘柄名  :ニトリHD 証券会社 :クレディ・スイス(CS

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑