プラザクリエイト Research Memo(7):収益回収期に入り経常利益はストック収益により大幅増加

公開日: : 注目トピックス 日本株

■モバイル事業の概況

モバイル事業はかねてより、2015年3月期からは収益回収期に入ってくると期待されていたが、2015年3月期第2四半期決算は、まさにそれを証明した。売上高は前期末の消費増税前の駆け込み需要の反動減と、人気機種であるiPhone6の発売を控えた買い控えの影響で、前年同期比6.5%減の3,728百万円となったが、経常利益はストック収益(継続契約手数料収入)の増加により同329.7%増の79百万円となった。

プラザクリエイト<7502>は携帯ショップをかつての併売店(ブランドは「携帯の王様」)からキャリアショップへと切り替えを進め、2014年9月末はキャリアショップが45店舗、併売店他が18店舗となっている。今下期も10店の出店を計画しており、2015年3月末にはモバイル事業全体で73店舗体制になる見通しだ。

前述のように今上期は2つの要因で減収となったが、台数は若干ながら前年を上回った。人気機種発売を控えて買い控えがあったとはいえ、6月以降は前年を上回る販売台数が続いている。2014年3月の駆け込み需要がきわめて高水準だったため、今下期及び今年度通期の販売台数は前年割れとなる可能性が高いものの、上期同様、利益面では今下期も安定した利益が確保できると弊社ではみている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ウォーターD CORPORATE RESEARCH(5):増収増益基調は継続も、増収ピッチは過去最低にとどまろう

■業績動向 同社の2014年度は、売上で2013年度予想比17億円(19%)増の105億円、営業利

記事を読む

no image

KLabが急反発、ミクシィの好決算を受けてゲーム関連の一角に買い

KLabが急反発。ミクシィが期待値を上回る好決算を発表してストップ高買い気配となり、同社をはじめ、

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(10/9号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB キーコーヒー

記事を読む

no image

ダイヤモンドダイニング—米国子会社を通じウェディング事業に参入へ

ダイヤモンドダイニングは、9日、米国子会社を通じウェディング事業に参入すると発表。また同日、ウェディ

記事を読む

no image

ライト工業は新規高評価で急伸、良好な受注環境などに評価

ライト工業が急伸。東海東京では投資判断を新規に「1」、目標株価を1300円としており、評価が引き上

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(9/12号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB タマホーム

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~VOYAGEは通期業績予想の上方修正を材料視

VOYAGEがランクイン。第3四半期決算と同時に、通期の営業利益見通しを15.0億円から19.0億

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日続落、ファーストリテが後場プラス転換し指数けん引

5日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり82銘柄、値下がり130銘柄、変わらず13銘柄

記事を読む

no image

ソルクシーズ Research Memo(4):IT投資の回復が引き続き追い風に、マイナンバー制度に係る需要も本格化へ

■業績動向 (2)2014年12月期業績見通し 2014年12月期の業績は、売上高が前期比11.

記事を読む

no image

太陽誘電は格下げで売り優勢、スマホ需要は15年以降に減速感が強まるとの見方

太陽誘電は売り優勢。みずほ証券では投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」に格下げ、目標株価も

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑