明豊ファシリ Research Memo(3):専門家を社内に配置し、適正な基本計画づくりやコスト管理・査定を実施

公開日: : 注目トピックス 日本株

■事業概要

(2)コンストラクション・マネジメントの特徴

CM方式の最大のメリットは、一般的な一括請負方式と比較して、発注プロセスと工事項目別コストを発注者(施主)と可視化された中で共有し、複数の選択肢の中から顧客が納得する最適な方法を選択、実行できることにある。また、同時に工事代金の総額に関して、一括請負方式と比較して圧縮できる効果も期待できる。一括請負方式では、発注者(施主)と受注者(施工者)との間で専門性や情報力などの面で格差があること、また、国内では建設工事をゼネコン等が元請けで受注し、下請け業者に再発注することが一般的であり、その構造も多層化しているため、結果的に工事コストが過大となってしまうケースが多い。

「明豊のCM方式」では基本計画や、建築、電気・空調・情報通信・AV機器などの設備工事に至るまであらゆる分野で専門家を社内に配置し、適正な基本計画づくりやコスト管理・査定を行っている。過大に見積もられた部分があれば元請け業者に指摘し改善させる、あるいは分離発注を行って直接施工業者へ発注することで、余剰なコストを圧縮している。

なお、昨今の建設業界では職人不足による人件費増、工期の長期化などよって、当初構想段階の建築予算が上回る傾向にあるが、明豊ファシリティワークス<1717>では設計、調達、工事といったプロジェクトのすべての段階において、過去から蓄積した独自のデータベースや直近の実勢価格データを参考にしながら査定を行い、また自社で保有する建設技術など活用できるものがあれば採り入れながら、コストミニマムを実現している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

クックパッド<2193>、孫会社によりNetsila S.A.L.の株式を取得へ

クックパッド株式会社は、子会社であるDapur Masak PTE. LTD.(シンガポール)がレ

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(8/8号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 石油資源 394

記事を読む

no image

木徳神糧—上期は精米数量、玄米数量とも前年同期を上回る水準で推移

木徳神糧は、米穀の販売を主力とする食品卸会社である。米穀以外には、鶏卵、加工食品、飼料などを扱う。

記事を読む

no image

住石HDは急伸、控訴審での勝訴を好材料視

住石HDは急伸。住石マテリアルズが豪州の石炭鉱山運営会社から提起されていた控訴審について、同社の主

記事を読む

no image

ミロク情報 Research Memo(7):15/3期も企業向けリプレースと新規開拓で増収増益へ

■決算動向 (3)2015年3月期の業績見通し ミロク情報サービスの2015年3月期の連結業績

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(3/31号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 三井松島

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(6/11号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR ココカラファイン 2936

記事を読む

no image

M&Aキャピタルパートナーズ—中小企業の事業承継ニーズを背景に業績は堅調に推移

M&Aキャピタルパートナーズは、中堅・中小企業に特化したM&A仲介事業を展開。業界ごとに専門チームを

記事を読む

no image

マツダはしっかり、一部格上げが支援材料に

マツダはしっかり。ゴールドマン・サックス(GS)では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株

記事を読む

no image

アデランス—10月度月次動向、アデランス事業11.3%増、男性・女性サロンとも好調

アデランスは13日、2014年10月の月次動向を発表。国内事業全体の売上は、10月単月(速報値)で前

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑