明豊ファシリ Research Memo(3):専門家を社内に配置し、適正な基本計画づくりやコスト管理・査定を実施

公開日: : 注目トピックス 日本株

■事業概要

(2)コンストラクション・マネジメントの特徴

CM方式の最大のメリットは、一般的な一括請負方式と比較して、発注プロセスと工事項目別コストを発注者(施主)と可視化された中で共有し、複数の選択肢の中から顧客が納得する最適な方法を選択、実行できることにある。また、同時に工事代金の総額に関して、一括請負方式と比較して圧縮できる効果も期待できる。一括請負方式では、発注者(施主)と受注者(施工者)との間で専門性や情報力などの面で格差があること、また、国内では建設工事をゼネコン等が元請けで受注し、下請け業者に再発注することが一般的であり、その構造も多層化しているため、結果的に工事コストが過大となってしまうケースが多い。

「明豊のCM方式」では基本計画や、建築、電気・空調・情報通信・AV機器などの設備工事に至るまであらゆる分野で専門家を社内に配置し、適正な基本計画づくりやコスト管理・査定を行っている。過大に見積もられた部分があれば元請け業者に指摘し改善させる、あるいは分離発注を行って直接施工業者へ発注することで、余剰なコストを圧縮している。

なお、昨今の建設業界では職人不足による人件費増、工期の長期化などよって、当初構想段階の建築予算が上回る傾向にあるが、明豊ファシリティワークス<1717>では設計、調達、工事といったプロジェクトのすべての段階において、過去から蓄積した独自のデータベースや直近の実勢価格データを参考にしながら査定を行い、また自社で保有する建設技術など活用できるものがあれば採り入れながら、コストミニマムを実現している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ミロク情報 Research Memo(3):会計事務所との信頼関係により、中堅・中小企業向けERPシステムを拡販

■会社概要 (2)事業概要 ミロク情報サービスの現在のビジネスモデルとしては、財務・会計をコア

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):ソフトバンク、メガバンク、iPS細胞関連など

ソフトバンク:8685円(前日比+320円) 買い優勢。前日にアリババが、株式の公開価格の仮条件を

記事を読む

no image

伊藤忠エネクス—2014年3月期最終利益は過去最高を更新、4円増配へ

伊藤忠エネクスは、伊藤忠商事系のエネルギー商社。グループのCS(カーライフ・ステーション:複合サービ

記事を読む

no image

ダイナック Research Memo(7):13/12期は店舗オペレーションの効率化で増収大幅増益に

■業績動向 (3)直近期決算 同社の2013年12月期は売上高が前期比1.3%増の33,700

記事を読む

no image

川崎汽船が年初来高値を更新、原油安を材料視する動きが優勢に

川崎汽船が年初来高値を更新。海運セクターにも原油安を買い材料視する動きが優勢。また、アナリストの評

記事を読む

no image

ダイコク電機 Research Memo(9):15/3期は堅実に見積もった期初計画を上回れば増配の可能性も

■配当政策と株価展望 (1)配当政策 ダイコク電機では年間配当金を1株当たり最低40円とし、業績

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は小幅反落、値下がり寄与トップはソフトバンク

6日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり142銘柄、値下がり69銘柄、変わらず14銘柄と

記事を読む

no image

ムサシ Research Memo(13):業績伸長に伴っての増配が期待される

■株主還元 ムサシは、配当による株主還元を基本スタンスとし、「企業体質の強化と将来の事業展開のた

記事を読む

no image

池上通信機が急伸で上昇率トップ、短期資金の関心が集中

池上通信機が急伸で上昇率トップ。大納会では出来高が膨らんだ1月の高値水準を突破、上値余地の広がりが

記事を読む

no image

ワールドインテック Research Memo(2):人材・教育、情報通信、不動産の3事業をバランス良く収益化

■事業概要 (1)会社概要 ワールドインテックは1993年2月の設立で、本社を福岡県北九州市に置

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑