USS Research Memo(9):新会場への投資で会員の利便性を向上

公開日: : 注目トピックス 日本株

■2015年3月期業績見通し

(2)拠点戦略

2015年3月期の設備投資額(支出ベース)は3,600百万円を計画している。このうち主なものは8月にオープンした新岡山会場の建設費用となっている。新会場は立地場所が山陽自動車道「山陽IC」出口すぐの場所にあり、交通の利便性が向上することで、オークション参加業者、並びに出品台数の増加が期待されていたが、地方拠点ということもありまだ目立った集客増にはつながっていない模様だ。このため、ユー・エス・エス<4732>では地域周辺でのPR活動を強化しながら集客力を高め、出品台数の増加につなげていく考えだ。

その他の会場に関しても、静岡、札幌会場でオークション会場施設の建替えの検討に入っている。いずれの会場も開設してから16~18年が経ち、コンピュータシステムも含めた設備の老朽化が目立っていた。会員の利便性向上を図ることもあって、同一敷地内で新会場の建替えを予定している。収容能力は現状と変わらないが、来場者数を増やしていくことで、出品台数の増加を進めていく計画だ。設備投資額としては静岡会場が2,000百万円、札幌会場が3,000百万円程度とみられ、2016年3月期以降に具体的な計画が進むものとみられる。その他のオークション会場に関しても、利便性や快適性の向上につながる設備の更新投資を行い、来場者数を増やすとともに、出品台数を増加させて市場シェアの拡大につなげていきたい考えだ。

なお、2013年8月にオープンした名古屋の新会場は当初の計画どおり、来場者数の増加によって出品台数も増加している。利便性が向上したことに加えて、社員の接客マナーを向上する取り組みを強化したことも来場者数の増加につながったとみられる。また、セリの同時進行を可能とするレーンの増設によって、オークション時間が短縮し、生産性の向上にもつながっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

メディカルシステムネットワーク—ひまわり薬局の全株式を取得、全国355店舗に

メディカルシステムネットワークは13日、調剤薬局の新規開局等を発表。連結子会社で調剤薬局事業運営持株

記事を読む

no image

イオンが大幅続落、9月以降もGMSなどの既存店減収傾向が継続とも

イオンは大幅に3日続落。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「ニュートラル」から「アンダーパフォ

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅続伸、ファーストリテが約33円押し上げ

8日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり208銘柄、値下がり12銘柄、変わらず5銘柄と

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~タカラバイオはiHeart Japan社との契約締結を材料視

タカラバイオがランクイン。京都大学発ベンチャーのiHeart Japan社との契約締結を発表したこ

記事を読む

no image

インテリックス Research Memo(9):Good-infill工法の需要が拡大する可能性、大手企業からも打診

■成長戦略 (2)内装工事請負事業の拡大 成長戦略の第2のポイントとして、内装工事請負事業の強

記事を読む

no image

ティア Research Memo(2):「葬儀費用の完全開示」「適正な葬儀費用」を提唱し、顧客の支持を拡大

■事業概要 (1)事業内容 名古屋を地盤とした葬儀会館「ティア」の運営を目的に、1997年に設立

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(6/10号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 伊藤忠食

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~ファーストリテは通期下方修正がネガティブインパクトに

ファーストリテがランクイン。前日に上半期の決算を発表、通期収益予想を下方修正しており、ネガティブな

記事を読む

no image

大幸薬品 Research Memo(3):感染管理事業の7-9月売上高は前期並みに回復

■2015年3月期第2四半期業績について 空間除菌剤「クレベリン」シリーズの製造・販売を展開する

記事を読む

no image

スカイマークがストップ高、エアアジアによる経営支援検討報道を材料視

スカイマークがストップ高。アジア最大の格安航空会社であるエアアジアが、同社の経営支援の検討に入った

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑