カイオム Research Memo(1):エボラウイルスの抗体作製に成功、「パンデミック感染症」分野の開発を加速化

公開日: : 注目トピックス 日本株

カイオム・バイオサイエンス<4583>は、理化学研究所(以下、理研)発の創薬基盤技術型バイオベンチャーである。独自の創薬基盤技術であるADLib(R)システムを核とした抗体医薬品の研究開発支援や研究開発等を行っている。ADLib(R)システムの特徴は、従来の抗体作製技術と比較して「多様性」「迅速性」「困難抗原への対応」に優れていることにあり、従来方式では作製が困難な抗体に対象を絞って、研究開発を進めている。

同社は完全ヒトADLib(R)システムの技術を用いて、2018年までにパンデミック感染症に対応した抗体の実用化を目指しているが、ここに来てその開発を加速化させている。エボラウイルスの感染拡大やバイオテロへの脅威が高まっていることを受け、特に米国においてその関心が高まってきたことが背景にある。実際、2014年10月にオリジナルのADLib(R)システムを用いて複数のインフルエンザウイルスの抗体を短期間で作製したのに続いて、12月にはエボラウイルスに対する抗体作製にも成功したとの発表を行っている。

こうした「パンデミック感染症」分野の開発を加速化させるため、11月20日付でエクイティファイナンスによる資金調達を発表した。今回のファイナンスで約2,000百万円を調達し、2017年までの「パンデミック感染症」に関する研究開発費や周辺技術の獲得費用、人員の増強などに向けた費用に充てる計画だ。

2014年10月30日付で、同社は2014年12月期の連結業績修正を発表している。売上高は期初計画比65百万円減の277百万円、営業損失は同135百万円減の907百万円を見込む。修正の主因は、子会社の(株)リブテックがヤクルト本社<2267>と進めている共同研究プロジェクトが進捗したことに伴い、研究開発活動の優先順位を見直し経営資源の集中を図ったことによる。

なお、完全ヒトADLib(R)システムの状況に関しては、国内外の大手製薬を含む複数の企業から問い合わせを受けている段階にあり、今後も引き続き抗体取得の技術改良を進めながら、究極のヒト抗体作製システムの構築の実現を目指していく。2016年12月期には技術導出する予定で、これを主因として2016年12月の連結業績は売上高3,452百万円、営業利益651百万円と初の黒字化を見込んでいる。

■Check Point
・ファイナンスで2,000百万円を調達、研究開発へ重点配分
・今期は9ヶ月の変則決算、赤字幅は期初と比べて縮小
・中計最終年度の16年12月期に売上高3,452百万円、営業利益651百万円へ

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

サン電子 Research Memo(7):ホールシステム事業は業界2番手グループに位置

■事業内容 (4)ホールシステム事業 パチンコホールの経営に必要な遊技台の出玉情報や売上、景品、

記事を読む

no image

■小中優の銘柄選定:値上がり率ランキングから物色の流れを読み取る

フィスコアナリストの小中優は、注目銘柄を挙げる際にスマートフォンアプリ「FISCO」の値上がり率ラン

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比65円高の17225円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル115.47円換算)で、三住トラスト、キリンHD、

記事を読む

no image

オリエンタルチエン工業がストップ高、炭素繊維強化プラスチック使用の製品実用化報道を好感

オリエンタルチエン工業がストップ高。炭素繊維強化プラスチックを使った製品を3年後メドに実用化すると

記事を読む

no image

サイバネットシステムが急伸、「CETOL 6σ」への期待感が高まる

サイバネットシステムが急伸。同社子会社が開発・販売・サポートする3次元公差マネジメントツール「CE

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比20円高の14940円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.85円換算)で、ソフトバンク、三住トラスト

記事を読む

no image

ソニーはしっかり、部品調達の抜本的見直し報道をプラス材料視

ソニーはしっかり。部品調達を抜本的に見直し、調達先約1000社のうち、世界の有力250社を選別して

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(9/2号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 住友電設 1502

記事を読む

no image

鹿島は決算後上げ幅を広げる場面、業績上振れ期待が高まる状況にも

鹿島は決算発表後に上げ幅を広げる場面も。第1四半期営業利益は66億円で前年同期比2.4倍、上半期計

記事を読む

no image

ソフト99 Research Memo(1):未来の柱となる製品を育成し更なる収益成長へ

ソフト99コーポレーションは、カーワックスや洗浄剤、補修材などのカー用品の大手。鈑金塗装などサービス

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑