26日の米国市場ダイジェスト:ダウは23ドル高、年末商戦への楽観的な見方などで堅調推移

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

■NY株式:ダウは23ドル高、年末商戦への楽観的な見方などで堅調推移

NYダウ       ナスダック
終値 :18053.71  終値 :4806.86
前日比:+23.50   前日比:+33.39
始値 :18038.30  始値 :4788.06
高値 :18103.45  高値 :4814.95
安値 :18038.30  安値 :4787.85

26日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は23.50ドル高の18053.71、ナスダックは33.39ポイント高の4806.86で取引を終了した。クリスマス休暇明けで引き続き閑散取引となる中、年末商戦への楽観的な見方などが支援材料となり堅調推移となった。セクター別では全面高となり、医薬品・バイオテクノロジーやテクノロジー・ハード・機器の上昇が目立った。

電気自動車のテスラ・モーターズ(TSLA)は、既存車種であるロードスターについてアップグレードを施した新型車種の発売を発表して上昇。オンライン小売のアマゾン(AMZN)は、クリスマス商戦でのモバイルアプリ経由の売上高が前年比倍増したことを明らかにして上昇。クーポン共同購入サイトのグルーポン(GRPN)は、韓国のチケット販売事業の売却を検討しているとの見方から堅調推移となった。

今年春頃から下落が目立っていた中小型株を買い戻す動きも広がっており、小型株で構成されるラッセル2000指数は26日に最高値を更新した。

(Horiko Capital Management LLC)

■NY為替:ドル・円は120円35銭、米債券利回りの低下に伴うドル売りが優勢に

ドル・円は120円46銭まで上昇後、120円31銭へ軟化し120円35銭で引けた。株式相場の上昇に連れてリスク選好の円売りが継続した後、米国のインフレが低迷するとの見方を受けた債券利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.2187ドルから1.2169ドルへ下落し1.2175ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)が2015年に量的緩和(QE)を導入するとの根強い観測を受けてユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は、146円48銭まで下落後、146円67銭へ反発。ポンド・ドルは、1.5537ドルまで下落後、1.5567ドルへ反発した。ドル・スイスは、0.9866フランから0.9882フランへ上昇した。

■NY原油:続落で54.73ドル、米在庫増で売り先行となり55ドル割れ

NY原油は続落(NYMEX原油2月限終値:54.73 ↓1.11)。56.53ドルから54.51ドルまで下落した。時間外取引においては、リビア国営石油会社が、「イスラム武装組織による攻撃で、リビア最大の石油積出港の貯蔵タンク数基が炎上」の旨発表したことを受け、供給懸念による買いが優勢であった。

しかし、NY通常取引では、前日(24日)発表された米国内の原油在庫が、予想外かつ大幅な増加だったことのインパクトが依然として強く、開始後まもなく売りに転換した。その後は、終日にわたり売りが続くこととなり、終盤には55ドルを割り込んだ。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  17.98ドル ±0.00ドル(±0.00%)
モルガン・スタンレー(MS) 38.72ドル -0.09ドル(-0.23%)
ゴールドマン・サックス(GS)195.45ドル -0.44ドル(-0.22%)
インテル(INTC)    37.55ドル +0.11ドル(+0.29%)
アップル(AAPL)      113.99ドル +1.98ドル(+1.77%)
グーグル(GOOG)      534.03ドル +5.26ドル(+0.99%)
フェイスブック(FB) 80.78ドル +0.01ドル(+0.01%)
キャタピラー(CAT)     94.23ドル +0.51ドル(+0.54%)
アルコア(AA)       15.82ドル +0.05ドル(+0.32%)
ウォルマート(WMT)     86.91ドル +0.48ドル(+0.56%)

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

NY為替:ドル・円は102円55銭、ウクライナ情勢の沈静化期待などで円安に

21日のニューヨーク外為市場で、ドル・円は102円49銭から102円83銭まで上昇し102円55銭

記事を読む

no image

前場に注目すべき3つのポイント~ウクライナ情勢緊迫化で短期売買が主体に

4日の前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。 ■株式見通し:ヘッジ売りやポジション圧縮

記事を読む

no image

欧州為替:ユーロ弱含み、ウクライナ情勢への警戒感から欧州株式市場弱含み

ドル・円は、3月期末に向けた売り買い交錯、ニューヨークカットのオプション(102円30銭)などで、1

記事を読む

no image

今日の為替市場ポイント:欧米株高や米長期金利の上昇を意識へ

昨日23日のドル・円相場は、東京市場では119円97銭から120円18銭で推移。欧米市場では120

記事を読む

no image

日経平均は方向感に欠ける展開、ミクシィなどの下げ幅拡大が重しにも

10時08分現在の日経平均株価は、15474.73円(前日比+0.23円)で推移。4日の米国株高を

記事を読む

no image

欧州為替:ドル・円弱含み、ユーロ強含み、ポンド弱含み

ドル・円は、102円80-00銭のドル売りオーダーを受けて102円32銭まで軟調推移。 ユーロ・

記事を読む

no image

トヨタの上方修正に対する市場反応を見極め【クロージング】

4日の日経平均は大幅に4日続落となり、610.66円安の14008.47円(出来高概算42億300

記事を読む

no image

今日の為替市場ポイント:米労働市場の改善傾向は変わらず

先週末7日のドル・円相場は、東京市場では115円07銭から115円46銭で推移。欧米市場では一時1

記事を読む

no image

日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は94円高、大型株指数の強さが目立つ

【日経平均は94円高、大型株指数の強さが目立つ】 12時56分現在の日経平均株価は、17261.

記事を読む

no image

欧州為替:円弱含み、対ドルで103.10円、対ユーロで141.93円

ドル・円は、103円10銭まで上昇し、一目均衡表の雲の上限(103円10銭)を上抜けつつある。

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑