ビーエスピーResearch Memo(9):事業構造変革への着手で売上高は計画上振れも利益は下回る予想

公開日: : 注目トピックス 日本株

■成長戦略と進捗

(1)中期経営計画の進捗

ビーエスピー<3800>は、2015年3月期を最終年度とする中期経営計画を進めてきた。顧客のIT部門の自動化、効率化を推進することで業務変革に貢献する「運用レス2.0」を事業コンセプトに掲げ、2015年3月期の売上高5,000百万円、営業利益1,800百万円(営業利益率36.0%)を目標としてきた。しかしながら、環境変化への早期対応を図るために事業構造変革に着手したことにより、売上高については、ビーコンITの連結化も寄与して大幅に計画を上回る可能性が高いものの、利益面ではプロダクト事業(現システム運用事業の一部)の進捗の遅れや利益率の低いビーコンITの連結化により中期経営計画を下回る予想となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):富士フイルム、イオン、セイコーHDなど

富士フイルム:3534円(前日比+129円) 年初来高値更新。エボラ出血熱に感染したフランス人女性

記事を読む

no image

三菱商事の下げが目立つ、原料炭の値下げ報道などをマイナス視

三菱商事の下げが目立つ。10-12月の原料炭価格を1トン=119ドルとすることで、鉄鋼大手と資源大

記事を読む

no image

アパマンショップ Research Memo(6):パーキング業務、SOHO(レンタルオフィス)業務をPM事業から移管

■決算動向 ○その他事業 アパマンショップホールディングスが手が

記事を読む

no image

ヒマラヤ—14年8月期売上高4.6%増、一般スポーツ用品、アウトドア用品など好調

ヒマラヤは29日、2014年8月期決算を発表。売上高は前期比4.6%増の690.51億円、営業利益が

記事を読む

no image

コンドーテック—第2四半期営業益は12.9%増

コンドーテックは6日、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)決算を発表。売上高が前年同期比7.

記事を読む

no image

KLabが年初来高値を更新、「ラブライブ」の中国展開などに期待感

KLabが年初来高値を更新。前日には、「ラブライブ」の簡体字版を中国向けに提供開始と発表している。

記事を読む

no image

日本電子材料がストップ高買い気配、第1四半期決算がポジティブインパクトに

日本電子材料がストップ高買い気配。前日に発表した第1四半期決算がポジティブなインパクトにつながる格

記事を読む

no image

三菱地所はセクター内で強い動き、東京都心商業地の地価上昇で関心が高まる

三菱地所はセクター内では強い動き目立つ。前日の公示地価発表を受けて、不動産株はまちまち、含み資産株

記事を読む

no image

オークマが大幅続落、同社など設備投資関連の一角がさえない動き

オークマが大幅続落。同社の他、椿本チエインやダイフクなど設備投資関連の一角でさえない動き。寄り付き

記事を読む

no image

C&Gシステムズ Research Memo(4):金型の領域や大きさなどに幅広く対応、世界トップクラスのCAMが強み

■会社概要 (3)特色と強み C&Gシステムズは金型設計用CAD/CAMシステムの専門メーカー

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑