日本通信—大幅反発、VAIO社との協業を材料視した展開に

公開日: : 新興市場スナップショット

大幅反発。同社が構想するMSP事業に関してVAIO社と協業することで合意したと発表している。来月にもVAIOブランドのスマホを日本市場に投入するプロジェクトを既に進めているとのこと。VAIO社はソニー<6758>のPC部門が独立した企業であることから、ソニーとの競合は市場の話題となろう。買い一巡後の株価は25日線レベルでの攻防を迎えている。

<MT>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

じげん—しっかり、M&Aの本格化に期待感も高まり

しっかり。ブレイン・ラボ社の子会社化を発表したことが材料視されている。ブレイン・ラボは人材紹介会社向

記事を読む

no image

免疫生物研究所—買い先行、カイコ関連として関心が高まり

買い先行。先週末に、カイコに関する特集記事が掲載されたことが材料視されている。遺伝子工学を駆使し、光

記事を読む

no image

サイバダイン—買い先行、信用取引規制の解除を材料視

買い先行。先週末に、東証が同社株の信用取引に関する臨時措置を解除したことが材料視されている。先週末に

記事を読む

no image

エスケーエレク—売り先行、今期業績計画を再上方修正も出尽くし感

売り先行。今期の営業利益見通しを33.0億円から36.5億円へと上方修正している。テレビやスマホ向け

記事を読む

no image

シーシーエス—買い優勢、中期経営計画を好材料視

買い優勢。先週末に、17年7月期までの中期経営計画を発表しており好材料視されている。数値目標としては

記事を読む

no image

パピレス—大幅反発、第1四半期の大幅な増収増益を好感

大幅反発。4-6月期売上高は前年同期比32.2%増の20.6億円、営業利益は同51.6%増の2.4億

記事を読む

no image

エムティーアイ—買い先行、中長期的な業績拡大期待が高まり

買い先行。社長インタビューにおいて、16年9月期に営業利益が50億円前後になるとの見通しが伝わったこ

記事を読む

no image

エスケーエレク—大幅続伸、シャープの液晶パネル工場買収報道を材料視

大幅続伸。シャープが、三重県の液晶パネル工場の設備を米アップルから買収する交渉に入ったと報じられたこ

記事を読む

no image

スターバックス—3日続伸、今期業績計画の上方修正を好感

3日続伸。上期の営業利益見通しを70.0億円から82.5億円へ、通期見通しを115.5億円から130

記事を読む

no image

日本通信—反発、SIMロック解除を義務化との報道が材料

反発。総務省が来年度からSIMロックの解除を義務付ける制度見直し案を決めたと伝わったことが材料となっ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑