ダイコク電機 Research Memo(11):15/3通期は保守的、予想を据え置き、情報システム事業で上振れする可能性も

公開日: : 最終更新日:2014/12/25 注目トピックス 日本株

■決算概要

(3)2015年3月期の業績予想

ダイコク電機<6430>は2015年3月期業績予想について、期初予想を据え置いており、売上高が前期比3.4%減の55,000百万円、営業利益は同43.8%減の3,000百万円、経常利益は同45.2%減の3,000百万円、当期純利益は同39.0%減の2,000百万円を見込んでいる。

期初時点における計画の前提は以下のとおりである。
まず、パチンコ・パチスロ市場の規模はほぼ横ばいで推移すると想定されるが、情報システム事業において前期大ヒットした「BiGMO PREMIUM」の新製品効果のはく落を含め、周辺機器の販売を保守的に見ていることから減収予想となった。

また、利益面でも、次世代ホールコンピュータシステムへの投資などを中心に研究開発費が4,700百万円(前期比28.6%増)に増加することに加えて、パチスロ機の拡販のための販売促進費及び業務委託費の増加を想定していることから減益予想となった。

同社は、上期実績を踏まえ、情報システム事業の売上高が上振れする可能性を視野に入れる一方で、制御システム事業に進捗の遅れが見られることや第3四半期以降に予定していたパチスロ遊技機の販売延期等を勘案して、全体的には期初予想の計画線で着地するものと考えている。また、利益予想についても、上期実績が計画を上回ったのは費用計上の期ずれによる影響であったことから、通期では期初予想どおりに推移する計画となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は7日続伸、ソフトバンクとファナックが約30円押し上げ

19日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり181銘柄、値下がり34銘柄、変わらず10銘

記事を読む

no image

ニチレイはしっかり、冷凍食品市場の成長ポテンシャルは拡大傾向にあるとも

ニチレイはしっかり。みずほ証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も470円から5

記事を読む

no image

フジコー Research Memo(9):バイオマス発電事業の拡大と電力小売事業への参入が成長戦略

■成長戦略 フジコーの成長戦略の軸は、バイオマス発電事業の拡大と電力小売事業への参入である。20

記事を読む

no image

プラザクリエイト Research Memo(12):継続的・安定的な配当の維持が基本方針

■株主還元 プラザクリエイトは継続的・安定的な配当を維持するとともに、経営環境や業績を考慮した適正

記事を読む

no image

ヒマラヤ—第1四半期は売上総利益率が1.6ポイント改善、店舗数は150に拡大

ヒマラヤは29日、2015年8月期第1四半期(14年9-11月)決算を発表。売上高は前年同期比3.3

記事を読む

no image

ティア Research Memo(1):首都圏への出店や小規模会館などの出店を加速化

ティアは、名古屋を地盤に葬儀会館「ティア」を運営する。「葬儀費用の完全開示」「適正な葬儀費用」を業界

記事を読む

no image

ソーバル Research Memo(6):通期予想は保守的な印象、MCTECと新卒社員の収益貢献で上振れも

■2015年2月期業績予想 2015年2月期の業績予想は、連結で売上高6,700百万円(前期比1

記事を読む

no image

ソルクシーズ Research Memo(1):ソフトウェア開発の需要は金融業界向けを中心に旺盛

ソルクシーズはソフトウェア開発事業とデジタルサイネージ事業を展開する。ソフトウェア開発では金融業界

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅続落 値上がりはソフトバンク、マルハニチロHの2銘柄のみ

4日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり2銘柄、値下がり223銘柄、変わらず0銘柄となっ

記事を読む

no image

野村HDは売り先行、低調な事業環境を背景に証券セクターには格下げの動き

野村HDは売り先行。クレディ・スイス(CS)では証券セクターの投資評価を「オーバーウェイト」から「

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑