ウィルグループ—市場第1部へ指定替え、19日付

公開日: : 注目トピックス 日本株

ウィルグループ<6089>は、12月19日付けで東証2部から市場第1部へ指定替えとなる。なお、1部上場に伴い、インデックス買いも含めた機関投資家の資金流入期待が高まる可能性がありそうだ。

同社グループは人材派遣を主力とする。人材サービスの特長は、フィールドサポーター(就業先で派遣スタッフと共に働き、現場をマネジメントする正社員)と派遣スタッフが共に就業する「ハイブリッド派遣」の形態を採っていること。同じ就業先にグループの正社員が常駐することで、現場における派遣スタッフの士気は大きく上がる。また、即時に顧客のニーズへの対応ができるため、現場の急な増員計画にも柔軟に対応することができる。この「ハイブリッド派遣」を戦略的サービスとし、競合他社との差別化を図っている。

また、最近では「遠隔農場テレファーム」を運営するテレファームとの業務・資本提携を発表。「遠隔農場テレファーム」とは、栽培作物の選択、栽培方法の選択、使用資材等の選択をネット上で行い、現実の農場がその指示に基づき実際の農場で栽培し、そこで収穫された有機栽培野菜が利用者の自宅に届けられる事業。

テレファームは、遠隔農場テレファームの運営及び今後の事業展開において人的リソースが必要であり、ウィルグープが人材サービス分野で培った人材採用、育成ノウハウを提供。相乗効果や新たな付加価値が期待できるとしている。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

大成建設は決算発表後に上昇、市場予想上振れの10-12月期決算を好感

大成建設は決算発表後に上昇。第3四半期累計営業利益は382億円で前年同期比24.4%増益、通期計画

記事を読む

no image

ブイキューブ<3681> Web会議システムの需要が高まるとの思惑

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』11月6日放送にお

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~不動テトラなど低位建設株に短期資金の関心が向かう

不動テトラがランクイン。三井住友建設と同社が東証1部売買高の1位と2位を占めているように、低位建設

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~任天堂など全般軟調、シカゴは大阪比145円安の14845円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.75円換算)で、三菱商、伊藤忠が小じっかり

記事を読む

no image

イーピーミント—中期経営目標は2018年9月期売上高80-100億円を目指す

イーピーミントは、SMO(Site Management Organization:治験施設支援機

記事を読む

no image

JPXは格下げでさえない、業績モメンタムは弱まっているとの指摘

JPXがさえない。大和では投資判断を「3」から「4」に格下げ、売り材料視される格好にもなっている。

記事を読む

no image

SBSホールディングス—初の海外自社物流施設がタイに完成、海外戦略の推進拠点に

総合物流のSBSホールディングスは、初の海外自社物流施設がタイに完成したと発表している。昨年12月か

記事を読む

no image

ミロク情報 Research Memo(9):ERP市場は2016年度まで年平均6.7%の成長を見込む

■第3次中期計画 (1)市場環境 ミロク情報サービスを取り巻く市場環境については、マクロ経済の

記事を読む

no image

■村瀬智一の銘柄選定:ニュースからの連想ゲーム

フィスコアナリストの村瀬智一は、無料スマートフォンアプリ「FISCO」の活用法の1つとして、ニュース

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(3/3号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR K&Oエナジー 1356

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑