出来高変化率ランキング(9時台)~JTがランクイン、ロシア関連として警戒感が先行

公開日: : 注目トピックス 日本株

JT<2914>がランクイン。ロシア関連銘柄として、引き続きルーブル安の影響が警戒される状況となっている。ゴールドマン・サックス(GS)では投資判断を「買い」から「中立」に格下げ、ロシア事業は全社営業利益の20-25%を占めており、1%のルーブル変動は30億円弱の利益押し下げ要因になると指摘。

■出来高変化率上位 [12月17日 09:33 現在]
(直近5日平均出来高比較)

コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率
<6629>テクノHR      2557700  316420  708.32% 18.48%
<1866>北野建        316000  103200  206.20% 6.52%
<9044>南海電        11935000  6035600  97.74% -0.21%
<2712>スターバックス    323900  206820  56.61% -0.07%
<7545>西松屋チェ      328700  219200  49.95% -7.18%
<7256>河西工        203100  139860  45.22% 6.35%
<2819>エバラ食品      18600  14200  30.99% -1.28%
<6962>大真空        263000  208800  25.96% 0.97%
<4245>ダイキアクシス    48700  41220  18.15% 1.91%
<2150>ケアネット      187400  201600  -7.04% 19.61%
<2122>Iスペース      20600  22300  -7.62% 1.08%
<6622>ダイヘン       698000  760400  -8.21% 6.55%
<4007>日化成        131000  150800  -13.13% 0.00%
<2914>JT         6202100  7393520  -16.11% -5.20%
<8029>ルック        137000  164400  -16.67% 0.00%
<4919>ミルボン       109600  142060  -22.85% -2.19%
<7748>ホロン        288800  378080  -23.61% -11.79%
<1699>野村原油       239060  316166  -24.39% -0.14%
<9130>共栄タ        126000  168000  -25.00% -0.90%
<8818>京阪神ビ       73500  102060  -27.98% -0.99%
<2330>スマートブック    155600  226380  -31.27% -2.42%
<4557>医学生物       55000  80400  -31.59% -0.21%
<3420>ケーエフシー     9500  14220  -33.19% -3.76%
<1542>純銀信託       9773  14658.4  -33.33% -2.83%
<3277>サンセイランデ    39400  59540  -33.83% 1.09%
<3776>ブロバンタワ     204700  309760  -33.92% 2.88%
<6062>チャームケア     10200  15980  -36.17% 0.78%
<7817>パラベッド      22400  35440  -36.79% 1.09%
<3038>神戸物産       106600  169360  -37.06% 4.07%
<3793>ドリコム       68900  109860  -37.28% -3.55%

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較することで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅反落、構成銘柄のうち221銘柄が値下がり

17日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり3銘柄、値下がり221銘柄、変わらず1銘柄と

記事を読む

no image

ソーバル Research Memo(8):特定顧客の比率は低下傾向、顧客層の拡大は着実に進展

■更なる成長のための課題 (3)特定顧客依存からの脱却 売上高の約60%以上をキヤノングループに

記事を読む

no image

日本コンベヤは急伸で上昇率トップ、リニア関連として短期資金が向かう

日本コンベヤは急伸で上昇率トップ。国土交通相では本日、JR東海が開業を目指しているリニア中央新幹線

記事を読む

no image

ソフトブレーン Research Memo(4):フィールドマーケティング事業は多業態対応と全国展開に強み

■事業概要 ○フィールドマーケティング事業 子会社のソフトブレーン・フィールドで展開している事業

記事を読む

no image

伊藤忠はしっかり、ROEを早期に15%まで引き上げる方針と伝わる

伊藤忠はしっかり。ROEを早期に15%まで引き上げる方針と報じられている。これによって、自己資本の

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は5日ぶりに反落、値下がり寄与トップはKDDI

31日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり94銘柄、値下がり117銘柄、変わらず14銘

記事を読む

no image

第一工業製薬が急反発、新型蓄電池への期待感が先行

第一工業製薬が急反発。関西大では、同社などと共同開発した新型蓄電池「イオン液体リチウム2次電池」が

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~セイコーHDがランクイン、スイス・フラン高をプラス材料視

セイコーHDがランクイン。腕時計で国内トップ、スイス・フラン高をプラス材料視する動きが優勢となって

記事を読む

no image

ブイキューブ—医療分野における次世代プラットフォーム開発でエムスリーと合弁設立

ブイキューブとエムスリーは5日、製薬企業や医療機関・医師向けのビジュアルコミュニケーションプラット

記事を読む

no image

アイスタイル Research Memo(4):EC企業のなかでは比較的高い収益性を確保

■事業概要 (2)EC事業 アイスタイルの子会社コスメ・コムで運営する「cosme.com」で

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑