西松屋チェーンが大幅続落、第3四半期決算を受けて業績下振れ懸念が強まる

公開日: : 注目トピックス 日本株

西松屋チェーン<7545>が大幅に3日続落。前日に第3四半期の決算を発表している。累計営業利益は48億円で前年同期比1.6%減益、8-10月期は微増益に転じる格好だが、通期計画は59.5億円で前期比11.7%増益見通しであり、下振れへの懸念なども強まる状況となっているようだ。既存店売上の低迷で、会社計画は4-5億円下振れたと想定されているもよう。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

■佐藤勝己の銘柄選定:出遅れ修正余地の残る主力銘柄

フィスコアナリストの佐藤勝己は、足元で日経平均が年初来の高値を更新するなか、一段の指数上昇をけん引す

記事を読む

no image

KNTCTが急落、業績予想の下方修正をマイナス視

KNTCTが急落。先週末に業績予想の下方修正を発表。12月期通期営業利益は43億円から26億円に、

記事を読む

no image

ファーストリテは決算を受けて売り先行、海外事業の伸び悩みをマイナス視

ファーストリテは売り先行。前日に第3四半期の決算を発表している。営業利益は331億円で前年同期比2

記事を読む

no image

四国電力は格下げでさえない、来期以降のEPS水準は期待値以下にとどまる可能性とも

四国電力がさえない。シティでは投資評価を「2」から「3」へ格下げしている。伊方3号機の再開時期の遅

記事を読む

no image

シンワアートオークション—9月月次取扱高は25.1%増、売上高が24.5%増に

シンワアートオークションは24日、9月度実績を発表。オークション実績については、近代陶芸、近代美術P

記事を読む

no image

ワールドホールディングス—10月に中国で合弁設立、製造請負業開始へ

ワールドホールディングスは、中国の企業と製造請負を目的とした合弁会社を設立(10月設立予定)し、中国

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は6日ぶり反発、ソフトバンクが指数を押し上げ

14日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり178銘柄、値下がり33銘柄、変わらず14銘

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~ウエルシアHDが急反発、イオンが年内にTOBと伝わる

ウエルシアHDが急反発でランクイン。イオンが年内にTOBで同社を子会社化すると報じられている。TO

記事を読む

no image

アサヒHD<5857>、大阪のフジ医療器を子会社化

アサヒホールディングス株式会社は、連結子会社であるジャパンウェイスト株式会社が、株式会社フジ医療器(

記事を読む

no image

ガリバーが急反発、先週末発表の決算内容を見直す動き

ガリバーが急反発。同社は先週末に決算を発表、実績は大幅増収増益決算、見通しも2ケタ増益となっている

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑