C&Gシステムズ—通期予想を上方修正、国内CAD/CAMシステム販売が好調

公開日: : 注目トピックス 日本株

C&Gシステムズ<6633>は12日、14年12月期通期業績予想の上方修正を発表。売上高が前回発表予想の36.14億円から9.3%増の39.50億円、営業利益が同2.44億円から6.6%増の2.60億円、経常利益が同2.54億円から10.2%増の2.80億円、純利益が同1.92億円から63.5%増の3.15億円へ、それぞれ上方修正している。

消費増税前の駆け込み需要により国内CAD/CAM販売が伸長、第2四半期に需要が一服したものの、今夏以降の製造業の設備投資意欲回復を背景に、国内CAD/CAMシステム販売が好調に推移した。また、繰延税金資産を95百万円計上する見込みとなり、これにより純利益が大きく予想を上回る見込み。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ダイナムジャパンHD Research Memo(1):低貸玉機とローコストオペレーションで業容拡大が継続

ダイナムジャパンホールディングス(06889/HK)は店舗数で日本最大、貸玉収入で第2位と日本最大級

記事を読む

no image

あらた Research Memo(1):物流部門や間接業務の効率化で収益性は確実に向上

あらたは日用雑貨・化粧品カテゴリーにおける国内最大級の卸商社である。子会社にはペット関連商品卸で業

記事を読む

no image

シュッピン Research Memo(3):インバウンド観光客向け売上高が増加、想定外だが合格の対応策が注目される

■2015年3月期第2四半期の注目点 (2)インバウンド観光客の売上高急増と今後の取り組み 今第

記事を読む

no image

アルプス電気が大幅反発、一部格上げ評価をプラス材料視

アルプス電気が大幅反発。クレディ・スイス(CS)が投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム

記事を読む

no image

ツムラは急反落、通期の会社計画達成は厳しいとの指摘

ツムラは急反落。モルガン・スタンレー(MS)では、上半期営業利益は会社計画線上での着地となり、通期

記事を読む

no image

木徳神糧—2014年12月期は米穀事業及び食品事業の回復により先行投資をしながら黒字転換を見込む

木徳神糧は18日、2013年12月期の通期決算を発表した。連結業績は、売上高が前期比5.8%増の1

記事を読む

no image

日本トリム Research Memo(10):売上高は増収を維持するも減益決算を予想

■2015年3月期連結決算予想 決算と同時に発表された2015年3月期の通期業績予想は、売上高が前

記事を読む

no image

ダイナムジャパンHD Research Memo(9):ゆったり館は需要取り込みで貸玉収入・遊技業収入ともに増加

■財務分析と業績動向 (2)2014年3月期決算 ダイナムジャパンホールディングス(06889/

記事を読む

no image

《注目銘柄を探る》建設業で外国人活用拡大 政府決定で人材サービスにも関心集まる

政府は4日午前の関係閣僚会議で、人手不足の建設業で外国人労働者の受け入れを拡大する緊急措置を決めたと

記事を読む

no image

岩谷産業はしっかり、トヨタが水素供給事業開始との報道を材料視

岩谷産業はしっかり。トヨタが燃料電池車の燃料となる水素の供給事業を開始すると伝わっている。グループ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑