C&Gシステムズ—通期予想を上方修正、国内CAD/CAMシステム販売が好調

公開日: : 注目トピックス 日本株

C&Gシステムズ<6633>は12日、14年12月期通期業績予想の上方修正を発表。売上高が前回発表予想の36.14億円から9.3%増の39.50億円、営業利益が同2.44億円から6.6%増の2.60億円、経常利益が同2.54億円から10.2%増の2.80億円、純利益が同1.92億円から63.5%増の3.15億円へ、それぞれ上方修正している。

消費増税前の駆け込み需要により国内CAD/CAM販売が伸長、第2四半期に需要が一服したものの、今夏以降の製造業の設備投資意欲回復を背景に、国内CAD/CAMシステム販売が好調に推移した。また、繰延税金資産を95百万円計上する見込みとなり、これにより純利益が大きく予想を上回る見込み。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~フォスター電機が急落、今期は想定外の減益予想に

フォスター電機が急落でランクイン。先週末に発表した決算内容が嫌気されている。前期営業利益は60.2

記事を読む

no image

パイプドビッツ Research Memo(1):中計達成へ向け「新規事業」「人材」を軸に積極投資

パイプドビッツは自社製品である「SPIRAL(スパイラル)」というプラットフォーム(ミドルウェア)

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~良品計画が高値更新、業績の安定感に評価

良品計画が年初来高値更新でランクイン。前日に第1四半期の決算を発表している。営業利益は66.2億円

記事を読む

no image

ソフトブレーン Research Memo(9):不採算案件の終結でシステム開発は下期に黒字転換

■決算動向 (1)2013年12月期業績 ○システム開発事業 ソフトブレーンの「システム開発事

記事を読む

no image

大研医器—独国フラウンホーファー研究機構とMEMSデバイスを用いた医療機器開発で共同研究

医療機器メーカーの大研医器は22日、独国フラウンホーファー研究機構と、「MEMSデバイスを用いた多様

記事を読む

no image

インタースペース Research Memo(7):メディア広告やソーシャル・アプリの売上高が大幅増

■業績動向 (3)メディア運営事業 インタースペースのメディア運営事業の当第2四半期売上高は前年

記事を読む

no image

コニカミノルタは年初来高値更新、ROE経営の徹底など直近の変化に評価

コニカミノルタは買い先行で年初来高値更新。ゴールドマン・サックス(GS)では投資判断を「中立」から

記事を読む

no image

木徳神糧—第1四半期は精米数量や玄米数量の増加により大幅増益で着地

木徳神糧は、米穀の販売を主力とする食品卸会社である。米穀以外には、鶏卵、加工食品、飼料などを扱う。

記事を読む

no image

ネクスト—14年3期営業益44.5%増、不動産情報サービスは総じて2ケタの伸びに

不動産・住宅情報サイトのネクストは13日、2014年3月期決算を発表。売上高は前期比22.8%増の1

記事を読む

no image

TOKAIHDResearch Memo(4):収益の拡大では中期計画を下回るも財務体質は想定以上に改善

■中期計画IP13の総括と来期以降の戦略 (1)中期計画Innovation Plan2013の総

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑