■FISCOアプリの銘柄選定:【本日のおすすめ銘柄】営業最高益、原油安メリットとして

公開日: : 注目トピックス 日本株

この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に掲載された記事を転載したものです。

<5108>ブリヂストン

14年12月期の連結営業利益は前期比10%増の4800億円前後と従来予想を50億円上回る見通しになったと報じられている。米国などでの需要が拡大。急速な円安で日本からの輸出採算が改善したほか、天然ゴムなど原材料価格の下落も寄与した。円安一服も、原油安メリットとして売り一巡後の押し目を狙いたいところか。

フィスコのマーケットアナリストによる銘柄選定をもっと見たい人は、FISCOアプリにてご覧いただくことができます。

今日のおすすめ銘柄やテーマが分かる無料の株アプリ「FISCO」配信中
(iPhone/Androidに対応)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

テラ—樹状細胞ワクチン「バクセル(R)」の臨床成績、卵巣がんにおける専門学術誌にて発表

バイオベンチャーのテラは27日、独自技術である樹状細胞ワクチン「バクセル(R)」について、再発卵巣が

記事を読む

no image

EMシステムズ Research Memo(8):課金ユーザーの積み上げが進みストック売上高が増加

■業績動向 (3)直近期決算 EMシステムズの2014年3月期決算は売上高が前期比10.8%増

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~JINが急落、大幅な業績下方修正を嫌気

JINがストップ安まで急落でランクイン。前日に業績予想の大幅下方修正を発表、営業利益は従来予想の6

記事を読む

no image

プラザクリエイト Research Memo(2):「第二創業期」と位置づけ様々な施策の成果が15/3期から出始める

■プリント事業の概況 (1)プリント事業の現況 プラザクリエイトのプリント事業(従来の「イメージ

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(1/5号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR タマホーム 590

記事を読む

no image

ブイキューブ Research Memo(4):Web会議市場シェアは国内で6年連続トップ、アジア太平洋地域では2位

■会社概要 (3)業界シェア、特色、強み Web会議サービスそのものは特別な技術力を必要とする

記事を読む

no image

エスプール Research Memo(3):7拠点に加え池袋、銀座、沖縄の3つの支店を開設

■事業概要 (2)人材ソリューション事業 エスプールの人材ソリューション事業は、人材派遣を主力

記事を読む

no image

日本ハムが大幅続伸、中期計画の当期利益目標は達成できるとの見方

日本ハムは大幅に3日続伸。JPモルガン(JPM)では、現在はエントリーの好機と考えているもよう。豪

記事を読む

no image

ADワークス Research Memo(9):経常利益ベースでは年々増益率が加速へ

■成長戦略 (2)3ヶ年業績計画 エー・ディー・ワークスの201

記事を読む

no image

三陽商会が急落、バーバリーのライセンス契約終了で見切売り優勢に

三陽商会が急落。英バーバリーとの「バーバリー」ライセンス契約を来年6月で終了すると発表している。「

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑