11日の香港市場概況:下落、原油安の影響を受ける

公開日: : 注目トピックス 外国株

11日の香港市場は下落。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比211.98ポイント安(-0.90%)の23312.54ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が117.02ポイント安(-1.03%)の11255.43ポイントとそろって反落した。売買代金は980億7800万香港ドル(10日は1099億3100万香港ドル)。9営業日ぶりに大台の1000億台を下回った。

エネルギー株主導で昨夜のNYダウが急落したことを不安視。原油の国際相場は、5年5カ月ぶり安値を切り下げて推移している。「原油相場が下落基調にあるのは、世界の経済活動が鈍化したことによる需要減も一因」との見方が市場で広がった。また、明日(12日)は11月の小売売上高や鉱工業生産などが公表されるため、結果を見極めたいとするスタンスも買いを手控えさせている。

ハンセン指数の構成銘柄では、天然ガス事業を展開する昆侖能源(135/HK)が3.5%安、発電大手の華潤電力HD(836/HK)が2.9%安、香港大手商社の利豊(494/HK)が2.5%安と下げが目立った。このほかH株指数の採用銘柄では、油田掘削サービスの中海油田服務(2883/HK)が7.1%安と急落。同社が10日引け後、2015年の売上高と営業利益が前年比で減少するとの見通しを示したことがネガティブ材料となった。原油相場の下落を受け、石油会社の投資が鈍っていると説明。市場競争の激化もマイナス影響を及ぼすと悲観した。

本土系の不動産株もさえない。万科企業(2202/HK)が2.8%安、広州富力地産(2777/HK)が2.3%安、華潤置地(1109/HK)が1.7%安と値を下げた。半面、他の個別株動向では、原子力発電で中国最大手の中国広核電力(1816/HK)が9.4%高と続伸。前日に新規上場し、初日は公募価格を19.06%上回る3.31香港ドルで取引を終えていた。中国で原発建設の新規認可が近いと指摘し、大手ブローカー野村国際は同社の投資判断を「買い」で新規カバレッジしている。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

米国による石油備蓄の放出、ロシア制裁の最強武器=ソロス氏

米著名投資家ジョージ・ソロス氏はこのほど、ウクライナ南部クリミア自治共和国のロシア編入をめぐる欧米制

記事を読む

no image

14日の中国本土市場概況:続伸、複数の好材料を手掛かりに後場じり高の展開

14日の中国本土市場は続伸。上海総合指数は前営業日比19.68ポイント高(+0.96%)の2066

記事を読む

no image

(ロシア)欧米食品の輸入禁止、早期解除の見通し

欧米食品の輸入禁止が早期に解除される見通しだ。メドベージェフ首相は18日、消費者の利益を守るため、1

記事を読む

no image

(中国)IPO再開:新たに25社が仮目論見書発表、上場審査の第1陣は3社が合格

中国証券監督管理委員会(証監会)は4日に公式ウェブサイト上で、新規株式公開(IPO)を予定している2

記事を読む

no image

(中国)IPO再開いよいよ、証監会が内部会議で上場審査開催を宣言か

中国証券監督管理委員会(証監会)の発行部門が今週15日の内部会議で、新規株式公開(IPO)再開に向け

記事を読む

no image

(香港)本土系保険セクターが堅調、中国当局が同業買収を解禁

本土系保険セクターが堅調。中国保険監督管理委員会(保監会)はこのほど、保険会社のM&A(企業の合併・

記事を読む

no image

プーチン露大統領、ウクライナ東部戦闘を止める力がある=ポロシェンコ次期大統領

ウクライナのポロシェンコ次期大統領はドイツメディアに対し、プーチン大統領がウクライナ東部の戦闘を止め

記事を読む

no image

(ブラジル)株式市場の上昇、時期的に早すぎ=イタウBBA銀

イタウ・ウニバンコ傘下の投資銀行イタウBBA銀行はこのほど、10月の大統領選挙で政権交代への期待から

記事を読む

no image

(香港)博雅互動が急速に切り返す、6月中間決算は純利益ほぼ倍増

博雅互動(00434/HK) 10.54HKドル(+0.48 +4.77%)=14:08時点 後場

記事を読む

no image

(中国)温州の不良債権比率が急上昇、3年間で13倍近くに

浙江省温州市で、商業銀行の不良債権比率が急上昇している。「上海証券報」(6日付)によると、今年4月末

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑