マザーズ指数は反発、売買代金上位も換金売り一巡

公開日: : マザーズ市況

 本日のマザーズ市場は、前日まで下げの目立った売買代金上位銘柄を中心に、換金売り一巡でしっかりした展開となった。日経平均が下げ幅を拡大するのに歩調を合わせ、後場に入り弱含む銘柄も多く見られたものの、大引け前にプラス圏に切り返した。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1062億円。騰落数は、値上がり66銘柄、値下がり117銘柄、変わらず5銘柄となった。
 個別では、UNITED<2497>が引き続きマザーズ売買代金首位に。利益確定売りに押される場面もあったが、プラス圏に切り返して取引を終えた。その他では、CRI・MW<3698>やOTS<4564>がストップ高となったほか、SHIFT<3697>も大幅反発。また、モルフォ<3653>、ファーマF<2929>、オプティム<3694>、JIA<7172>、カイオム<4583>などが堅調だった。一方、MCJ<6670>、フィンテック<8789>、サイバダイン<7779>、FFRI<3692>、MDNT<2370>などが軟調。また、ウェルス<3772>、DDS<3782>、アップル<2788>がマザーズ下落率上位となった。

<HK>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ミクシィとサイバーダインの賑わいがマザーズ指数を牽引

 本日のマザーズ市場は、ミクシィとサイバーダインに短期資金が向かい賑わった。両社が全市場の売買代金ト

記事を読む

no image

マザーズ指数は続伸、主力株で買い戻し優勢の展開に

 本日のマザーズ市場は、主力株を中心に買い戻し優勢の展開となった。マザーズ指数は前日終値水準からのス

記事を読む

no image

リクルートHDの上場に向けた換金売り懸念も重しに

 本日のマザーズ市場は、外部環境の先行き不透明感が燻る中で、戻り待ち売り優勢の展開となった。リクルー

記事を読む

no image

IPO銘柄が連日低調で個人投資家のマインド悪化も

 本日のマザーズ市場は、積極的なリスクオンムードが乏しい中で上値の重い展開となった。また、昨日の日立

記事を読む

no image

ソフトバンクに引きずられ換金売りに押される

 本日のマザーズ市場は、外部環境の先行き不透明感が強まる中で軟調な展開となった。また、個人投資家の取

記事を読む

no image

マザーズ指数は続伸、中小型株への物色意欲は根強く

 本日のマザーズ市場は、値動きの強い中小型株への資金流入が継続したほか、出遅れ感の強かった銘柄への物

記事を読む

no image

ミクシィの失速で利益確定売りが波及

 本日のマザーズ市場は、連日で賑わいを見せているミクシィやサイバーダインの動向に左右される展開となっ

記事を読む

no image

ネット関連などへの物色意欲は低調で下値模索が継続

 本日のマザーズ市場は、中小型株の物色意欲低下を背景に方向感の乏しい展開となった。新興市場の中小型株

記事を読む

no image

マザーズ指数は反落、IPO銘柄は初値後軟調に

 本日のマザーズ市場は、米株高や円安進行を受けて主力大型株主導の相場となったこともあり、軟調に推移し

記事を読む

no image

マザーズ指数は3日続落、引き続き処分売りが優勢に

 本日のマザーズ市場は、引き続き処分売り優勢で軟調に推移した。大型株中心の相場展開が続いており、従前

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑