日本通信—後場買いが向かうか、「03スマホ」の商用サービスを開始と発表

公開日: : 新興市場スナップショット

日本全国、どこにいても03番号で電話ができる「03スマホ」の商用サービスを開始と発表している。第1弾として限定1000台を13日(土)0時に販売し17日から順次出荷。10年以上前から期待されていた固定電話網と携帯網の融合が、この「03スマホ」で本格的に実現するとのこと。業績への寄与度は不透明だが、リリースに反応した買いが後場入る可能性も。

<MT>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

フィックスター—大幅反落、短期的な過熱感も意識され利益確定売り

大幅反落。直近の大幅上昇によって短期的な過熱感が意識され、利益確定売り優勢の展開となっている。先週末

記事を読む

no image

WSCOPE—急伸、15年12月期営業利益は6億円前後との観測報道受け

急伸で一時ストップ高に。15年12月期の営業利益は6億円前後になる公算が大きいと伝わっており、材料視

記事を読む

no image

BEENOS—ストップ高、営業投資有価証券の売却益計上を材料視

ストップ高。子会社の保有する営業投資有価証券を一部売却し、2015年9月期に売却益約4.2億円を計上

記事を読む

no image

アバント—買い優勢、前期業績や配当予想の引き上げを好感

買い優勢。前期営業利益を9.0億円から10.9億円へ、最終利益を4.4億円から6.2億円へとそれぞれ

記事を読む

no image

ファーマF—後場急伸、発毛促進作用を示す生理活性ペプチドの単離・同定に成功

後場急伸。発毛促進作用を示す生理活性ペプチドの単離・同定に成功し特許出願を行ったと発表したことが材料

記事を読む

no image

タカラBIO—続伸、上期営業利益の上方修正を好感

続伸。上期(4-9月)の営業利益見込みを従来予想の4.6億円から6.3億円に引き上げた。売上高は若干

記事を読む

no image

SoseiG—買い気配、今期の黒字転換見通しを好材料視

買い気配から。今期の営業損益は20.0億円の黒字、最終損益も20.0億円の黒字転換見通しとなったこと

記事を読む

no image

OTS—買い優勢か、開発中の薬剤に関する論文を共同関係者が公表と伝わり

買い優勢か。朝方に開発中の薬剤に関して共同研究者が論文を公表と伝わってる。抗がん剤などと併用し効果が

記事を読む

no image

レイ—買い先行、出資先のシリコンスタジオ上場発表を材料視

買い先行で一時268円まで上場。出資先であるシリコンスタジオの新規上場が発表されたことが材料視されて

記事を読む

no image

ADWAYS—買い先行、LINEのサービス拡充を好感

買い先行。同社やネットイヤー、メディアドゥなど、LINE関連の上昇が目立っている。LINEが、通話・

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑