後場に注目すべき3つのポイント~トヨタなど自動車株の動向に注目へ

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

9日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・外部要因にも強く、需給要因でプラス圏を回復してくるか
・ドル・円は120円84銭付近、原油価格の弱含みなどで動意に乏しい展開
・後場も日銀のETF買い入れ期待が下支えへ、トヨタ<7203>など自動車株の動向に注目

■外部要因にも強く、需給要因でプラス圏を回復してくるか

日経平均は反落。57.89円安の17877.75円(出来高概算9億2000万株)で前場の取引を終えている。欧米株安などが嫌気され、主力処は総じて利益確定の売りが先行、寄り付き直後には17801.62円と17800円割れ寸前まで下げ幅を広げている。

ただし、調整局面での日銀によるETF買入れへの期待などから下を売り込む流れにはならず、その後は下げ幅を縮めてのこう着相場が続いた。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1100を超えており、全体の6割を占めている。セクターでは、ゴム製品、化学、食料品、その他製品が小じっかリ。半面、鉱業、証券、保険、ガラス土石、精密機器、卸売、電気機器、機械などが冴えない。

日経平均は5日線レベルでの底堅い動きをみせている。ソフトバンク<9984>が2%を超える下げとなっている割には、相当底堅さが意識されている。ファーストリテ<9983>は売り一巡後は早い段階でプラス圏を回復していた。これまでの実績から日銀によるETF買入れが行われる可能性が高いこともあり、やや先回り的な買いも入ったとみられる。

また、マイナス圏での推移とはいえ、トヨタ自<7203>、富士重<7270>、ホンダ<7267>など、下げ幅を縮めており、プラス圏を回復してくるかが注目される。シカゴ日経225先物は大阪比200円を超える下げだったが、これにサヤ寄せせずに底堅さをみせるなか、トヨタ自などが切り返しをみせてくるようだと、日経平均のプラス圏への回復も期待される。

■ドル・円は120円84銭付近、原油価格の弱含みなどで動意に乏しい展開

ドル・円は120円84銭付近で推移。ドル・円は、東京株式市場が弱含み、原油価格も弱含みに推移していることで動意に乏しい展開。ユーロ・ドルは、1.2304ドルから1.2318ドルで推移。ウクライナ情勢への警戒感、欧州中央銀行(ECB)による追加緩和観測から上げ渋る展開。ユーロ・円は、148円62銭から148円82銭で推移。

12時17分時点のドル・円は120円84銭、ユーロ・円は148円67銭、ポンド・円は188円90銭、豪ドル・円は99円60銭付近で推移している。

■後場のチェック銘柄

・日経平均は下げ渋る展開、日銀によるETF買い入れ期待が根強い
・ガンホー<3765>やUNITED<2497>などに短期値幅取り狙いの資金が向かう
・後場も日銀のETF買い入れ期待が下支えへ、トヨタ<7203>など自動車株の動向に注目

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>

12:45 30年国債入札の結果発表
15:00 11月工作機械受注

<海外>

16:00 独・10月貿易収支(予想:+189億ユーロ、9月:+219億ユーロ)
16:00 独・10月経常収支(予想:+180億ユーロ、9月:+223億ユーロ)

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

欧州為替:「ロシア利上げ、格下げ、ドル・円はリスク回避の円買い102.02円」

25日のロンドン外国為替市場のドル・円は、ウクライナ情勢への警戒感から、102円28銭から102円0

記事を読む

no image

相場概況と投資格言(閑散に売りなし)

日経平均は小反発。25日の欧米市場がクリスマスの祝日で休場となり手掛かり材料難のなか、小動きが続いて

記事を読む

no image

NY株式:ダウは167ドル安、住宅市場指数の悪化を嫌気

15日の米国株式相場は下落。ダウ平均は167.16ドル安の16446.81、ナスダックは31.33

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は102円60銭、1-3月期実質GDP改定値は予想外の大幅上方修正

ドル・円は102円60銭付近で推移。株高継続を意識してリスク選好的な円売りが優勢となっている。今日

記事を読む

no image

欧州為替:107円台はドル売りオーダーとオプション・バリアー

ドル・円は、11時からテレビ出演する黒田日銀総裁への期待感から、107円01銭まで堅調に推移したもの

記事を読む

no image

NY金:反発で1197.10ドル、ロシア外準で買い増し、ドル安傾向で買い優勢に

NY金は反発(COMEX金12月限終値:1197.10 ↑13.60)。1199.60ドルまで上昇

記事を読む

no image

11月28日のNY為替・原油概況

28日のニューヨーク外為市場でドル・円は、118円25銭から118円76銭まで上昇 し、118円70

記事を読む

no image

欧州為替:ドル・円弱含み(101.72円)、ウクライナ情勢への警戒感

ドル・円は、ウクライナ情勢への警戒感から、101円72銭まで軟調推移。 ユーロ・ドルは、ウクライ

記事を読む

no image

NY為替:ドル・円は101円40銭、1月ISM非製造業総合景況指数の上振れでドル売り後退

5日のニューヨーク外為市場で、ドル・円は100円80銭へ下落後、101円63銭まで反発し101円4

記事を読む

no image

【NY午前外為概況】株安で円買い、原油反発でドル売り、一時117円87銭

1日のニューヨーク午前の外為市場でドル・円は、118円43銭から117円87銭まで下 落した。中国、

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑