日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、ソフトバンクが約22円押し下げ

公開日: : 注目トピックス 日本株

9日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり69銘柄、値下がり148銘柄、変わらず8銘柄となった。

日経平均は反落。前日比57.89円安の17877.75円(出来高概算9億3000万株)で前場の取引を終えた。欧米株安や為替市場での円安一服などを受けて、日経平均は利益確定売り先行でスタート。寄り付き直後に一時前日比134.02円安の17801.62円まで下落したものの、日本銀行によるETF買い入れへの期待などを背景に、売り一巡後は下げ幅を縮小する展開となった。

値下がり寄与トップはソフトバンク<9984>となった。2%超の下落となり、日経平均を約22円押し下げた。また、エーザイ<4523>も4%近い下落と下げが目立ち、3位にランクインした。その他、東エレク<8035>、ファナック<6954>、京セラ<6971>などが軟調だった。

一方、値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり、約12円の押し上げ要因に。電通<4324>は2%高となり3位にランクイン。一部証券会社による目標株価引き上げが観測されている。その他、KDDI<9433>、信越化<4063>、花王<4452>などが堅調だった。

*11:30現在

日経平均株価  17877.75(-57.89)

値上がり銘柄数  69(寄与度+61.14)
値下がり銘柄数 148(寄与度-119.03)
変わらず銘柄数  8

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテイ 43460 310 +12.17
<9433> KDDI 7748 110 +8.64
<4324> 電通 5010 105 +4.12
<4063> 信越化 8482 87 +3.42
<4452> 花王 4566.5 65 +2.55
<9735> セコム 7019 63 +2.47
<4519> 中外薬 3285 60 +2.36
<6988> 日東電 6812 55 +2.16
<5108> ブリヂストン 4441 50 +1.96
<1925> 大和ハウス 2369 47.5 +1.86
<4543> テルモ 2888 23 +1.81
<6857> アドテスト 1516 18 +1.41
<2914> JT 3691.5 31.5 +1.24
<5901> 洋缶HD 1491 23 +0.90
<1721> コムシスHD 1830 21 +0.82
<4911> 資生堂 1868 20.5 +0.80
<2801> キッコーマン 3010 18 +0.71
<4272> 日化薬 1522 17 +0.67
<4507> 塩野義 3250 15 +0.59
<4704> トレンド 3650 15 +0.59

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9984> ソフトバンク 7520 -186 -21.91
<8035> 東エレク 8755 -225 -8.83
<4523> エーザイ 4753 -190 -7.46
<6954> ファナック 20800 -180 -7.07
<6971> 京セラ 5780 -80 -6.28
<6762> TDK 7700 -120 -4.71
<6758> ソニー 2505 -85 -3.34
<6770> アルプス 2379 -70 -2.75
<5333> ガイシ 2582 -64 -2.51
<6301> コマツ 2865.5 -63 -2.47
<6367> ダイキン 8134 -61 -2.39
<4503> アステラス薬 1722 -10.5 -2.06
<1963> 日揮 2507 -44.5 -1.75
<6752> パナソニック 1526 -37.5 -1.47
<8001> 伊藤忠 1330 -35 -1.37
<4901> 富士フイルム 3832 -34.5 -1.35
<6305> 日立建 2712 -34 -1.33
<8766> 東京海上 3998 -60.5 -1.19
<3099> ミツコシイセタン 1524 -30 -1.18
<7203> トヨタ 7829 -29 -1.14

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~エムティーアイは業績上方修正も材料出尽くし感

エムティーアイがランクイン。第3四半期決算と同時に、通期の営業利益見通しを18.0億円から24.0

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、ハイテク関連が指数を押し上げ

18日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり164銘柄、値下がり44銘柄、変わらず17銘柄

記事を読む

no image

キッツは2段階格上げで急伸、6年ぶりに実施する値上げ効果が最大のポイントとも

キッツが急伸。大和が投資判断を「3」から「1」に、一気に2段階格上げしたことが評価材料となっている

記事を読む

no image

宮地エンジが急落、10-12月期は2ケタの減益に

宮地エンジニアリンググループが急落。先週末に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は12.7億円、前

記事を読む

no image

愛知銀—2014年3月期は大幅増益、与信費用の減少などが寄与

愛知銀行は14日、2014年3月期決算を発表した。連結業績は、経常収益が前期比0.7%減の493.5

記事を読む

no image

荏原製は売り先行、第1四半期決算の内容をネガティブ視

荏原製は売り先行。前日に第1四半期決算を発表しているが、ネガティブに受け止められる格好に。営業損益

記事を読む

no image

カイオム Research Memo(10):2016年12月期には売上高3,452百万円、営業利益651百万円を目標

■中期計画 (1)新中期計画の概要 カイオム・バイオサイエンスは2016年12月期を最終年度とす

記事を読む

no image

セイノーHDが大幅続伸、3月の月次データをポジティブ材料視

セイノーHDは大幅に4日続伸。前日に3月の月次データが発表されている。取扱数量は前年比で+5.4%

記事を読む

no image

JR東日本が年初来高値更新、品川再開発プロジェクトへの期待感が継続

JR東日本が年初来高値更新。品川再開発プロジェクトなどに対する期待感が引き続き高まる状況となってい

記事を読む

no image

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日の材料と銘柄】再生可能エネルギー買い取り義務 見直しへ(5件)

この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に掲載された記事を転載したものです。 経産省は

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑