今日の為替市場ポイント:日本の7-9月期GDP改定値は上方修正される可能性

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

昨日2日のドル・円相場は、東京市場では118円22銭から118円83銭まで堅調推移。欧米市場では一時119円29銭まで上昇し、119円25銭で取引を終えた。

本日3日のドル・円は主に119円台前半で推移か。米国株の上昇を意識してリスク選好的な円売りは継続する見込み。日本株が大幅に上昇した場合、1ドル=120円に接近する可能性がある。

8日に発表される日本の7-9月期国内総生産(GDP)改定値は、速報値-1.6%(前期比年率)から上方修正されるようだ。7-9月期の法人企業統計で、製造業の設備投資や在庫投資額が増加していたことが要因。改定値は-0.5%程度に上方修正される可能性がある。

しかしながら、米系投資家の間では、7-9月期の設備投資が増加したことで10-12月期の設備投資は横ばいか、減少する可能性があると予想されている。実質賃金は増加していないことから、個人消費の低迷は長期化するとの見方も少なくない。2014年度(2014年4月-2015年3月)の日本のGDPはマイナス成長になるとの見方が増えており、外国人投資家の間からは、日本株に対してこれ以上強気になれないとの声が聞かれている。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

【市場反応】米Q3GDP確定値が11年ぶりの高い伸び、ドル続伸

外為市場では予想を上振れた米7-9月期国内総生産(GDP)を好感するドル買いが優 勢となった。ドル・

記事を読む

no image

NY株式:ダウは27ドル高、原油価格の下落を好感

17日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は27.48ドル高の16808.49、ナスダックは16.13ポ

記事を読む

no image

日経平均寄り付き&為替概況:日経平均は119円高、米国株高や円安進行を好感

【日経平均は119円高、米国株高や円安進行を好感】 9時35分現在の日経平均株価は、16912.

記事を読む

no image

欧州為替:日経225先物(ナイト・セッション)&ドル・円、堅調推移

ドル・円は、機関投資家からの買い観測、日経225先物(ナイト・セッション)が強含みに推移していること

記事を読む

no image

《24日のドル・円は“こうなる”》:新成長戦略への期待感と地政学的リスク=フィスコ山下政比呂

【予想した日時】6月23日19:40(ドル・円101.80-90円)【予想対象日】6月24日 ドル

記事を読む

no image

「NY為替」米・9月貿易赤字、予想以上に拡大を嫌気、ドル売り

外為市場では米国の貿易赤字が予想以上に拡大したことを嫌気したドル売りが優勢 となった。ドル・円は11

記事を読む

no image

後場に注目すべき3つのポイント~三菱自、スクエニHDなどが後場決算を発表予定

5日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。 ・ソフトバンクの投資家心理に与える影響は

記事を読む

no image

今日の為替市場ポイント:FOMC議事録に驚きはなし

昨日7日のドル・円相場は、東京市場では118円39銭から119円25銭で推移。欧米市場では119円

記事を読む

no image

今日の注目スケジュール:米1月住宅着工件数、米FOMC議事録など

<国内> 12:00 岩田一政(元日銀副総裁)日経センター理事長が講演 13:30 全産業活動指

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は101円76銭、25日の欧州議会選挙とウクライナ大統領選挙への警戒感

ドル・円は101円76銭付近で推移。ドル・円は、東京株式市場が強含みに推移していることで堅調推移だ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑