鬼怒ゴムが大幅続伸、JPX日経400採用の中小型株として関心が向かう

公開日: : 注目トピックス 日本株

鬼怒ゴム<5196>は大幅に3日続伸。特に目立った材料は観測されていないが、本日から日銀では、JPX日経インデックス400連動のETF買い入れを実施すると発表しており、需給思惑などが先行する状況となっているもよう。同社はJPX日経400採用銘柄の中でも、時価総額の大きさは最低水準にあり、相対的なインパクトが強いといった期待感につながってもいるようだ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

キヤノンは上値の重い展開、上方修正された見通しは楽観的との指摘

キヤノンは上値の重い展開に。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「ニュートラル」から「アンダーパ

記事を読む

no image

ソーバル Research Memo(3):大口顧客以外からの受注も拡大傾向

■2015年2月期第2四半期連結決算 (2)業績の分析 (a)事業別の売上高 ソーバルの事業は

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反発、値上がり寄与トップはソフトバンク

15日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり150銘柄、値下がり60銘柄、変わらず15銘柄

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、ホンダや不動産株が指数押し下げ

26日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり100銘柄、値下がり115銘柄、変わらず10

記事を読む

no image

スクリーンは急伸、業績予想の上方修正を評価材料視

大日本スクリーン製造は急伸。前日に発表した第1四半期決算、業績予想の上方修正が評価材料視されている

記事を読む

no image

九州電力は小幅高、川内原発の審査合格報道もインパクトは限定的

九州電力は小幅高。原子力規制委員では、川内原発1、2号機の合格証明書に当たる「審査書案」を9日にも

記事を読む

no image

イワキは業績予想の上方修正で急伸、業容拡大期待が改めて高まる

イワキが急伸。前日に上半期の業績予想を上方修正している。5月中間期の営業利益は従来予想の4億円から

記事を読む

no image

ネットイヤーグループ Research Memo(6):セブン&アイ案件への参画でビジネスチャンス拡大へ

■今後の成長見通し (1)オムニチャネルが今後の成長の柱に 今後のネットイヤーグループの収益成長

記事を読む

no image

シップHDが急落、公募・売出発表で株式価値の希薄化懸念が強まる

シップHDが急落。公募・売出の実施を発表、株式価値の希薄化懸念なども強まる状況となっている。公募増

記事を読む

no image

トヨタが切り返す、直近の大幅下落で押し目買いの動きが強まる

トヨタは切り返す展開。大規模リコールやメリルリンチ(ML)の格下げなどが重なって連日で大幅安、本日

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑