11月28日のNY為替・原油概況

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

28日のニューヨーク外為市場でドル・円は、118円25銭から118円76銭まで上昇
し、118円70銭で引けた。石油輸出国機構(OPEC)の減産見送りによる原油安が、米経
済にプラスとの見方からドル買いが優勢になった。一方、NYダウが一時65ドル高とな
っていたことや、日本の全国消費者物価コア指数の伸び鈍化で日銀の追加緩和期待も
あり、円売りも強まった。

ユーロ・ドルは、1.2490ドルから1.2427ドルまで下落した。ユーロ圏・11月消費者
物価速報値の伸びが鈍化したことで、ユーロ売りが優勢になった。ユーロ・円は147
円97銭まで上昇後、147円51銭まで下落した。

ポンド・ドルは、1.5705ドルから1.5614ドルまで下落し、ドル・スイスフランは、
0.9621フランから0.9667フランまで上昇した。

28日のNY原油先物は続落。69.59ドルから65.87ドルまで下落した。石油輸出国機構
(OPEC)が27日に開催した総会で、日量3000万バレルとしている生産目標を据え置くこ
とに決定。減産見送りショックから、原油売りが急速に強まった。

NY通常取引は現地時間午後1時30分で終了。その後の時間外取引では一時65.69ドル
まで下落している。引けは、前日比7.54ドル安の66.15ドル。

【経済指標】
・カナダ・7-9月期GDP:前期比年率+2.8%(予想:+2.1%、4-6月期:+3.6%
←+3.1%)
・カナダ・9月GDP:前月比+0.4%(予想:+0.4%、8月:-0.1%)
・南ア・10月貿易収支:-213億ランド(予想:-63億ランド、9月:-30億ランド)
・南ア・10月財政収支:-293億ランド(予想:-250億ランド、9月:-53.6億ランド)
・ブラジル・7-9月期GDP:前期比+0.1%(予想:+0.2%、4-6月期:-0.6%)

【要人発言】
・特になし

<KK>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

今日の注目スケジュール:黒田日銀総裁会見、米FOMC議事録公表など

<国内> 09:00 日銀金融政策決定会合(2日目) 13:30 9月全産業活動指数 14:30

記事を読む

no image

NY株式:ダウは13ドル高、スコットランド独立否決を好感もハイテク株安が重し

19日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は13.75ドル高の17279.74、ナスダックは13.6

記事を読む

no image

日経平均は19円高、一時マイナス転換も押し目買いで底堅い展開

10時10分現在の日経平均株価は、15389.41円(前日比+19.44円)で推移。米6月ADP雇

記事を読む

no image

22日の米国市場ダイジェスト:ダウは153ドル安、利食い売りやカナダの発砲事件を嫌気

■NY株式:ダウは153ドル安、利食い売りやカナダの発砲事件を嫌気 NYダウ       ナスダ

記事を読む

no image

欧州為替:ウクライナ情勢と米国インフレ率に要注目

ドル・円は、米国6月のインフレ率の発表を控え、ウクライナ紛争への警戒感、ドル買いオーダー(101.0

記事を読む

no image

日経平均テクニカル:リバウンド継続もMACDでは陰転シグナルを発生

日経平均は反発。ボリンジャーバンドの+1σを引き続き支持線とした膠着感の強い展開に。上値は5日線に

記事を読む

no image

NY株式:ダウは102ドル高、M&A報道を好感で史上最高値更新

2日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は102.75ドル高の17879.55、ナスダックは28.46ポ

記事を読む

no image

日経平均は123円高、ソフトバンクが重しもメガバンクなどが堅調

10時14分現在の日経平均株価は、14156.75円(前日比+123.30円)で推移。ロシアのプー

記事を読む

no image

国内株式市場見通し: 9月相場に対する期待感で売り込みづらい

■日経平均は9営業日続伸 先週の日経平均は上昇。前週からのリバウンドの流れが続く中、週後半には一

記事を読む

no image

今日の注目スケジュール:中国1月非製造業PMI、米1月ISM製造業景況指数など

<国内> 09:00 衆院予算委員会、基本的質疑 10:10 デジタルカメラ出荷実績(12月、カ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑