ウィルグループ—ネットで個人に仕事を仲介、3D分野に特化

公開日: : 注目トピックス 日本株

ウィルグループ<6089>は25日、子会社で専門性の高い人材ビジネスを展開するセントメディアが、3Dスキャニング、3DCAD、3DCG、3Dプリントなど 3D領域に特化したクラウドソーシングサイト「3DWORK(スリーディーワーク)」をプレオープンしたと発表。

3Dプリンターへの関心が高まっていることを受け、データやデザイン作成など3D分野に特化して受発注するようだ。2015年度末までに発注企業400社と仕事を請け負う技術者ら1000人の登録を目指す。

「3DWORK」では、ものづくりに利用される3Dデータを制作する技術者、3Dプリンタの保有者、3D技術でものづくりをしたいクライアントをオンラインでマッチングする。3Dデータ制作など、3Dプロダクト制作に必要な一連の技術を提供するサイトは、3D業界としても、クラウドソーシング業界としても、国内初。

なお、業務の発注・決済などまでが可能になる正式オープンは、来年1月頃を予定している。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

EMシステムズ Research Memo(8):課金ユーザーの積み上げが進みストック売上高が増加

■業績動向 (3)直近期決算 EMシステムズの2014年3月期決算は売上高が前期比10.8%増

記事を読む

no image

ルネサスは買い先行、高能力のHV・EVモーター制御マイコンを開発と伝わる

ルネサスは買い先行。HV・EVのモーター制御マイコンで、情報処理能力を最大2倍に高める技術を開発し

記事を読む

no image

ダイヘンは新規高評価で大幅続伸、電力会社向け電力機器受注に回復感とも

ダイヘンが大幅続伸。先に東海東京の投資判断格上げが観測されていたが、本日はいちよしがレーティングを

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~エプソンが急伸、想定以上に底堅い決算で買い戻し

エプソンが急伸でランクイン。前日に発表した決算が評価材料となっている。実績営業利益は850億円で前

記事を読む

no image

博展Research Memo(3):リピート顧客の増加で着実な成長を実現

■会社概要 (2)沿革 博展は、1967年に現社長の父である田口博(たぐちひろし)氏によって、展

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~フォスター電機は業績予想の上方修正を好感

フォスター電機がランクイン。前日に業績予想の上方修正を発表している。上半期営業利益は25億円から3

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~野村HDがランクイン、決算が市場予想をやや上振れ

野村HDがランクイン。7-9月期の税前利益は740億円、前四半期比では43%の増益となっている。市

記事を読む

no image

宇部興産は買い先行、燃料電池車「ミライ」にナイロン樹脂採用と伝わる

宇部興産は買い先行。前日の取引時間中、トヨタの燃料電池車「ミライ」に搭載される高圧水素タンクに、共

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(11/27号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB ミライトHD

記事を読む

no image

サンコーテクノ—第2四半期経常益28.4%増、1株を2株とする分割、株主優待制度を導入

サンコーテクノは14日、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)決算を発表。売上高が前年同期比8

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑