ジャステックが急落、配当権利落ちで処分売りが優勢に

公開日: : 注目トピックス 日本株

ジャステック<9717>が急落。年度末の配当権利落ちで処分売りが優勢となっている。同社は11月末に30円の一括配当を行っている。前日終値892円をベースにすると、配当利回りは3.4%となる。利回り水準の高さから、権利落ち銘柄の中でも相対的に下落率は大きくなっている格好。ユーシン<6985>やジェイコム<2462>、キャンドゥ<2698>なども権利落ちで見切り売りが先行している。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):ソニー、エプソン、スカイマーク、日本通信など

ソニー:1879円(前日比+107円) 急反発。前日に発表した第1四半期決算が見直し材料に。営業利

記事を読む

no image

メディア工房<3815>高品質なコンテンツがユーザーからの高い支持を集める

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』12月1日放送にお

記事を読む

no image

JDIは堅調、アップル向け販売が予想以上とも

JDIは堅調。メリルリンチ(ML)では投資判断「アンダーパフォーム」継続ながら、目標株価を330円

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~アドアーズは韓国企業の第三者割当増資を引き受け

アドアーズがランクイン。韓国JBアミューズメント社が実施する第三者割当増資を引き受けると発表したこ

記事を読む

no image

アドバンテストが急落、収益好転も市場の期待値には達せず

アドバンテストが急落。前日に第1四半期の決算を発表、営業損益は24億円の黒字となり、前年同期比では

記事を読む

no image

SBSホールディングス—CSR報告書2014を発行、次の目標や課題への挑戦の意思表示に

SBSホールディングスは18日、CSR報告書2014を発行した。2009年に環境報告書を、翌年から範

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~三菱UFJなど全般軟調、シカゴは大阪比170円安の17620円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル119.67円換算)で、味の素が小じっかりなほかは

記事を読む

no image

ハニーズは急反発、上半期業績予想の修正を材料視

ハニーズは急反発。前日に上半期業績予想の修正を発表している。営業利益は従来予想の13億円から7.5

記事を読む

no image

アジュバン Research Memo(8):イノベーション・アカデミー設立でサロン経営を支援

■中期経営計画 (2)直営サロンは今後も増やしていく計画 アジュバンコスメジャパンが2013年に

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、値下がり寄与トップはファーストリテ(訂正)

30日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり63銘柄、値下がり149銘柄、変わらず13銘柄

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑