ADR日本株ランキング~富士重など全般小じっかり、シカゴは大阪比60円高の17420円(訂正)

公開日: : 注目トピックス 日本株

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル116.86円換算)で、三住トラスト<8309>、住友電<5802>、住友商<8053>が小安いほかは、三井住友FG<8316>、富士重<7270>、オリックス<8591>など全般小じっかり。シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円高の17420円。

18日の米国株式相場は、ダウ平均が40.07ドル高の17687.82、ナスダックが31.44ポイント高の4702.44で取引を終了した。日本株が景気刺激策への期待感などから反発したほか、欧州株も独ZEW景況感指数の改善やドラギ欧州中銀(ECB)総裁が追加緩和に前向きな発言を行ったことで上昇した流れを受けて、米国株も買いが先行。11月住宅市場指数が上振れしたことも好感され、終日堅調推移となった。ダウ平均とS&P500指数は過去最高値を更新。

ドル・円は116円34銭から116円98銭まで上昇し116円95銭で引けた。予想を上振れた米11月NAHB住宅市場指数や10月生産者物価指数(PPI)を受けたドル買いが優勢となった。また、安倍首相が消費増税延期・衆院解散総選挙を表明、また、刺激策への期待にリスク選好の円売りも優勢となった。ユーロ・円は、145円74銭からから146円67銭へ上昇。

NY原油は続落(NYMEX原油12月限終値:74.61 ↓1.03)。75.31ドルから74.23ドルまで下落した。石油輸出国機構(OPEC)の総会開催を27日に控え、一部に価格維持へ向けた動きがみられるものの、協調減産は難しいとの見方が多く、売りが優勢になった。

なお、ADR日本株の上昇率、下落率上位は以下の通り。

■ADR上昇率上位銘柄(18日)

コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<8316>三井住友 7.67ドル 4482円 (+62.5円) +1.41%
<7270>富士重 72.32ドル 4226円 (+41円) +0.98%
<8591>オリックス 68.40ドル 1599円 (+13.5円) +0.85%
<8766>東京海上HD 31.96ドル 3735円 (+31円) +0.84%
<8604>野村HD 6.13ドル 716円 (+5.4円) +0.76%

■ADR下落率上位銘柄(18日)

コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<8309>三井トラスト 3.98ドル 465円 (-4.7円) -1.00%
<6753>シャープ 2.54ドル 297円 (-3円) -1.00%
<5631>日製鋼 7.12ドル 416円 (-4円) -0.95%
<5802>住友電 13.02ドル 1521円 (-13.5円) -0.88%
<3774>IIJ 9.39ドル 2195円 (-15円) -0.68%

■その他ADR銘柄(18日)

コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)
<1925>大和ハウス 19.16ドル 2238円 (+6円)
<1928>積水ハウス 13.24ドル 1548円 (+3.5円)
<2503>キリン 12.52ドル 1463円 (-2.5円)
<2802>味の素 19.56ドル 2286円 (+6円)
<3402>東レ 75.77ドル 885円 (+5円)
<3407>旭化成 17.04ドル 996円 (-1.7円)
<4452>花王 38.64ドル 4515円 (+8円)
<4523>エーザイ 37.17ドル 4344円 (-0.5円)
<4901>富士フイルム 34.67ドル 4052円 (+5円)
<5108>ブリヂストン 16.42ドル 3837円 (+5円)
<5401>日鉄住金 26.02ドル 304円 (+1円)
<5802>住友電 13.02ドル 1521円 (-13.5円)
<6301>コマツ 23.78ドル 2778円 (+12.5円)
<6503>三菱電 24.32ドル 1421円 (+5円)
<6594>日電産 16.02ドル 7488円 (+31円)
<6702>富士通 26.95ドル 630円 (-0.1円)
<6758>ソニー 21.26ドル 2484円 (+5.5円)
<6902>デンソー 23.53ドル 5499円 (+37円)
<6971>京セラ 48.06ドル 5616円 (+15円)
<6988>日東電 26.63ドル 6224円 (+7円)
<7201>日産自 18.56ドル 1084円 (+7円)
<7202>いすゞ 12.82ドル 1498円 (-0.5円)
<7203>トヨタ 120.07ドル 7016円 (+18円)
<7205>日野自 136.38ドル 1594円 (+8円)
<7267>ホンダ 31.65ドル 3699円 (+23円)
<7270>富士重 72.32ドル 4226円 (+41円)
<7733>オリンパス 36.52ドル 4268円 (+8円)
<7741>HOYA 36.74ドル 4294円 (-5円)
<7751>キヤノン 31.05ドル 3629円 (-1.5円)
<7752>リコー 53.43ドル 1249円 (+4.5円)
<7974>任天堂 13.90ドル 12995円 (+5円)
<8001>伊藤忠 23.19ドル 1355円 (+5.5円)
<8002>丸紅 61.96ドル 724円 (+4.3円)
<8031>三井物 280.30ドル 1638円 (+8円)
<8053>住友商 10.75ドル 1256円 (-4.5円)
<8058>三菱商 39.62ドル 2315円 (+7円)
<8267>イオン 10.45ドル 1221円 (+1円)
<8306>三菱UFJ 5.75ドル 672円 (+2.1円)
<8309>三井トラスト 3.98ドル 465円 (-4.7円)
<8316>三井住友 7.67ドル 4482円 (+62.5円)
<8411>みずほFG 3.48ドル 203円 (+1.5円)
<8591>オリックス 68.40ドル 1599円 (+13.5円)
<8604>野村HD 6.13ドル 716円 (+5.4円)
<8766>東京海上HD 31.96ドル 3735円 (+31円)
<8802>菱地所 24.06ドル 2812円 (+11円)
<9432>NTT 28.15ドル 6579円 (+15円)
<9437>NTTドコモ 16.02ドル 1872円 (+2.5円)
<9735>セコム 14.91ドル 6970円 (+17円)
<9983>ファーストリテ 37.48ドル 43799円 (+264円)
<9984>ソフトバンク 34.24ドル 8003円 (-13円)

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

東京製鐵は急反落、今期見通しが市場コンセンサスを下振れ

東京製鐵は急反落。先週末に決算を発表、売り材料につながっている。前期営業利益は24.3億円で従来想

記事を読む

no image

東京電力が大幅続伸、電力株が全面高に

東京電力は大幅に3日続伸。福島原発4号機において、リスクの大きい使用済み核燃料がすべて取り出され、

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は小幅反落、値下がり寄与トップはファナック

3日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり79銘柄、値下がり134銘柄、変わらず12銘柄

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(3/4号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR あさひ 1

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(5/1号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 巴

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比5円高の15175円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.30円換算)で、ソフトバンク、ホンダ、三井

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~タツタ線がランクイン、一部格下げ評価を嫌気

タツタ線がランクイン。クレディ・スイス(CS)が同社の投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュート

記事を読む

no image

ウィルグループ—子会社への増資引き受けでASEAN地域ビジネスの展開を拡大

人材ビジネスのウィルグループは23日、子会社である WILL GROUP Asia Pacific

記事を読む

no image

アデランス Research Memo(7):2Qはアデランス、フォンテーヌ事業ともに増収と堅調に回復

■業績と財務分析 (2)2015年2月期第2四半期実績 アデランスの2015年2月期の第2四半

記事を読む

no image

あい ホールディングス Research Memo(3):グループ16社で主要7事業を展開

■会社概要 (2)事業内容 上記のように同社は純粋持株会社であり、グループには連結子会社14社

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑