前場に注目すべき3つのポイント~日経平均はレンジ上限での攻防に

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

11日の前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:日経平均はレンジ上限での攻防に
■外資系証券の注文動向:差し引き100万株の買い越し
■前場の注目材料:米マイクロンがDRAM増産、広島工場に1000億円投資と伝わる

■日経平均はレンジ上限での攻防に

☆日経225想定レンジ:上限17050円-下限16850円

11日の東京市場は反発が見込まれる。10日の米国市場は、主要企業の決算等が好感され、NYダウ、S&P500指数は最高値を更新。シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円高の16920円、円相場は1ドル114円80銭辺りと円安に振れて推移している。この流れを受けて、幅広い銘柄に買いが先行することになりそうだ。

10日の日経平均は反落となり、このところのレンジ(16700-17100円)下限である16700円処でのこう着をみせていた。円相場については1ドル113円台に迫る局面もみられ、輸出関連などが利食いに押されていた。再び円安に振れていることもあり、輸出関連の反発期待などから、日経平均はレンジ上限を窺う展開が期待されそうだ。

また、調整局面においては日銀のETF買入れが下支えとして期待されているが、昨日の下落局面において前回の11月5日と同様、ETFを380億円買い入れている。前場のTOPIX終値をみて買いを入れるか判断しているようであるが、以前であれば1.0%を超える下落局面だったが、5日と今回は小幅な調整でも買ってきており、相当下支え要因として意識される。

決算発表が本格化するなか、決算と合わせて自社株取得などの発表も相次いでいる。決算内容については、上昇局面にあった銘柄については、好決算ながらも、好材料出尽くしに向かいやすい。流れとしては、結果は想定内としても低迷していた銘柄のアク抜け狙いが有効か。また、自社株取得や分割など、個別対応での日替わり物色が続きそうだ。

そのほか、やはり、柱となる銘柄がけん引してこないと、先高期待は強まりづらいと考えられる。昨日はミクシィ<2121>の下げが個人のセンチメントを冷ました格好とみられ、同社の切り返しのほか、指数インパクトの大きいソフトバンク<9984>辺りの反発に期待したいところでもある。

■外資系証券の注文動向:差し引き100万株の買い越し

朝の外資系証券6社経由の注文状況は、売り1790万株、買い1890万株、差し引き100万株の買い越しとの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。

11月4日(火):2090万株の買い越し
11月5日(水):1590万株の買い越し
11月6日(木):1600万株の買い越し
11月7日(金):1980万株の買い越し
11月10日(月):800万株の買い越し

■前場の注目材料

・早期衆院解散論広がり、政策停滞への懸念
・米マイクロンがDRAM増産、広島工場に1000億円投資と伝わる
・金融安定理事会(FSB)、巨大銀行向け資本規制16~20%で提案

☆前場のイベントスケジュール

<国内>

08:30 閣議後、閣僚会見予定
08:50 9月経常収支(予想:+5377億円、8月:+2871億円)

<海外>

09:30 豪・7-9月期住宅価格指数(前年比予想:+8.85%、4-6月期:+10.1%)

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

【NY午前外為概況】ウクライナ情勢懸念継続&米経済指標を嫌気

11日のニューヨーク午前の外為市場でドル・円は、103円32銭から103円21銭へ下落した。 クリ

記事を読む

no image

東京為替:ギリシャのユーロ離脱の可能性を警戒したユーロ売り

本日5日のアジア市場でユーロ・ドルは一時1.1864ドルまで急落。1.20ドル割れでストップロスの

記事を読む

no image

欧州為替:米国国内総生産(GDP)とイエレンFRB議長講演控えて動意に乏しい展開

ドル・円は、日米金融政策の乖離観測から109円31銭まで堅調に推移した後、米国7-9月期の国内総生産

記事を読む

no image

しばらくは高流動性銘柄に資金が集中しやすい【クロージング】

19日の日経平均は7営業日続伸となり、127.19円高の15449.79円(出来高概算17億900

記事を読む

no image

東京為替:ドルは107円20銭台で推移、アジア諸国の株安を意識した円買いは一服か

ドル・円は107円26銭近辺で推移。アジア諸国の株安を意識した円買いは一服しており、ドルは107円2

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は101円85銭付近、イラク情勢への警戒感からドル・円上げ渋る展開

20日の東京外為市場午前のドル・円は101円85銭付近。ドル・円は、イラク情勢への警戒感から上げ渋

記事を読む

no image

NY為替:ドル・円は101円98銭、米経済指標の予想上振れでドル買い優勢

27日のニューヨーク外為市場で、ドル・円は101円89銭から102円14銭まで上昇し101円98銭

記事を読む

no image

《19日のドル・円は“こうなる”》:地政学的リスクと原油価格上昇=フィスコ山下政比呂

ドル・円は、地政学的リスク(ウクライナやイラク)回避の円買いで上げ渋る展開を予想。 ドル・円は、連

記事を読む

no image

欧州為替:「日経225先物(ナイト・セッション)弱含み、ドル・円上げ渋る展開」

25日のロンドン外国為替市場のドル・円は、102円00-20銭のドル買いオーダー、ニューヨークカット

記事を読む

no image

日本株見通し:GDPに国内外の関心、荒い値動きには注意

17日の東京市場は堅調な相場展開が期待されよう。14日のNY市場は10月小売売上高が予想を上回った

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑