■佐藤勝己の銘柄選定:少額資金で買える高ROE銘柄

公開日: : 注目トピックス 日本株

フィスコアナリストの佐藤勝己は、足元の株価上昇で個人投資家の裾野が広がることを期待して、少額資金で買える高ROE銘柄に注目しています。佐藤によると、「12月はボーナス時期でもあり、これまであまり株式投資をしてこなかった個人投資家が、ボーナスで買える銘柄などに関心を高める可能性もある。とりわけ、日経JPX400採用銘柄は日銀のETF購入対象となり、GPIFの日本株比率引き上げも発表されたことで、注目度が高まる可能性も。高ROE銘柄などに注目度を高めたい。」と指摘しています。

FISCOアプリのスクリーニングメニューにおいて、最低購入額が10万円以下、今期予想ROEが10%以上、知名度が高いという意味で時価総額が2000億円以上の銘柄をスクリーニングすると、記事執筆時点(2014年11月7日)では、長谷工<1808>、昭和シェル<5002>、丸紅<8002>、セブン銀行<8410>、アコム<8572>の5銘柄が選定されました。

佐藤は次のようにコメントしています。「とりわけ、この5銘柄の指標をフィスコアプリで見てみると、配当利回りは昭和シェルと丸紅が高水準であり、この2銘柄はNISA資金での投資対象にもなり得るだろう。」

新・最強の企業分析アプリ「FISCO」無料配信中
(iPhone/Androidに対応)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

《注目銘柄を探る》「妖怪ウォッチ」、国内累計販売本数100万本を突破、異例の大ブレイクに

昨年7月11日に発売されたニンテンドー3DS向けソフト「妖怪ウォッチ」の国内累計販売本数が100万本

記事を読む

no image

パイプドビッツ—三菱地所レジデンスが「スパイラル(R)」導入で、業務効率化とコスト削減を同時に実現

パイプドビッツは、マンションデベロッパーの三菱地所レジデンスが、情報資産プラットフォーム「スパイラル

記事を読む

no image

SBSホールディングス—アジア現法スタッフの実務研修を実施、海外事業展開をさらに加速へ

総合物流のSBSホールディングスは、6月16日から1週間の日程で同社グループのアジア地域統括会社であ

記事を読む

no image

アデランス Research Memo(6):人口減少などにより国内男性かつら市場は縮小傾向

■ヘアケア市場の分析 (2)かつら(ウィッグ)市場の分析 (b)男性用かつら市場 ○国内男性か

記事を読む

no image

ケンコーマヨネーズ Research Memo(10):グローバル展開や事業領域の拡大に注力中

■成長戦略 (1)「中期経営計画IV(フォース)2012-2014」について ケンコーマヨネー

記事を読む

no image

ダイコク電—安倍政権の「賃金アップ要請」に賛同、特別一時金の支給及びベースアップ実施へ

ダイコク電機は24日、特別一時金の支給及びベースアップを実施することを決定した。 特別一時金支給

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):トヨタ、アコム、ガンホーなど

トヨタ:5560円(前日比+87円) 買い先行。4月の新車販売台数は前年同月比で8ヶ月ぶりに減少、

記事を読む

no image

三井金属は大幅反発、中国関連として非鉄金属セクターの強い動きが目立つ

三井金属は大幅反発。本日は非鉄金属セクターの強い動きが目立っている。中国の景気減速懸念の強まりなど

記事を読む

no image

商船三井が大幅反発、過去12ヶ月ベースでの出遅れ感を埋めにいく展開を予想する声

商船三井が大幅反発。JPモルガン(JPM)では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に

記事を読む

no image

証券各社レーティング(格上げ):コマツの1社

■格上げ(※新規格付けの場合は強気) 銘柄名  :コマツ 証券会社 :大和 変更前  :「3」

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑