日経平均テクニカル:週初を通過できればレンジ上放れも

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

日経平均は反発。買い先行で始まったが、その後は狭いレンジ内でのこう着が続いた。5日線が支持線として意識されているほか、ボリンジャーバンドの+2σ水準での推移が続いている。陰線が続いており、戻り売り圧力が警戒されそうだが、16700-17100円辺りのレンジはキープ。ピーク形成につながる上にアイランド・リバーサル形状を残す可能性は残っているが、7日の米雇用統計を受けた週初を通過できれば、現在のもち合い水準からの上放れが意識されてくる。また、ギャップ・ダウンでなければ、9月戻り高値とマド下限である16400円近辺までの調整は問題ないだろう。一方で、目先のターゲットは2007年高値の18260円レベルとなる。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

1月5日のNY為替・原油概況(119.50)

 5日のニューヨークの外為市場で120円18銭から119円38銭まで下落し119円55銭で引けた。原

記事を読む

no image

前場に注目すべき3つのポイント~米ネット関連株の下落による影響を注視へ

7日の前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。 ■株式見通し:売り一巡後の押し目買い意欲

記事を読む

no image

欧州為替:米国10年債利回り低下でドル全面安

ドル・円は、地政学的リスク(ウクライナ情勢とイラク情勢)、米国10年債利回り低下を受けて、101円7

記事を読む

no image

「NY為替」【市場反応】米6月KC連銀製造業活動指数、予想外に低下

外為市場では低調な米国の製造業指数を嫌気したドル売りが継続した。ドル・円は 101円50-55銭の安

記事を読む

no image

今日の注目スケジュール:米・新規失業保険申請件数、米7月中古住宅販売成約指数など

<国内> 08:50 前週分対外対内証券売買 12:45 2年国債入札の結果発表 <海外>

記事を読む

no image

日本株見通し:買い安心感、NY上昇やファーストリテが指数を押し上げ

9日の東京市場は買い先行の相場展開となろう。8日の米国市場では欧州中央銀行(ECB)による量的緩和

記事を読む

no image

今日の為替市場ポイント:欧州金融機関のストレステストの結果

先週末24日のドル・円相場は、東京市場では108円31銭から107円86銭で推移。欧米市場では10

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は101円53銭付近、ウクライナ情勢への警戒感から上げ渋る展開

17日の東京外為市場午前のドル・円は101円53銭付近。ドル・円は、ウクライナ情勢への警戒感から上

記事を読む

no image

日経平均寄り付き&為替概況:日経平均は95円高、円安進行が安心感につながる

【日経平均は95円高、為替相場の円安進行が安心感につながる】 9時40分現在の日経平均株価は、1

記事を読む

no image

欧州為替:フィッシャーFRB副議長発言、為替報告書への警戒感で上げ渋る展開

ドル・円は、フィッシャーFRB副議長のハト派発言や15日に発表予定の米財務省半期為替報告書での円安牽

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑