JIA—大幅反落、決算発表をきっかけに利益確定売り優勢

公開日: : 新興市場スナップショット

大幅反落。第3四半期(1-9月)決算を発表している。営業利益は前年同期比約2.9倍の2.89億円だった。通期業績については、営業利益が前期比約2.1倍の4.85億円とする従来予想を据え置いた。第4四半期には航空機リースで5件の組成準備が整っているほか、さらに1期の組成を予定しているという。航空機リース事業拡大への期待から短期資金を巻き込んで上昇していたことから、決算発表をきっかけに利益確定売りが膨らんでいる。

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

竹内製作—買い優勢、円安進行で買い安心感が高まり

買い優勢。ドル・円が103円台後半、ユーロ・円が137円台半ばまで円安進行となっており、買い安心感が

記事を読む

no image

トライアイズ—大幅反発、新たに40万株を上限とする自己株式取得を発表

大幅反発。従前まで実施していた20万株の自己株式取得を終了するとともに、新たに40万株、2億円を上限

記事を読む

no image

SoseiG—買い先行、子会社の候補品の前臨床試験を実施

買い先行。子会社であるアクティバスファーマ社の開発品として「APP13002」、「APP13007」

記事を読む

no image

アールテック—大幅反発、いちよしが投資判断「A」でカバレッジ開始

大幅反発。いちよしが投資判断を「A」、フェアバリューを2400円でカバレッジを開始したことが材料視さ

記事を読む

no image

PD—続落、第1四半期の赤字決算受けて利益確定売り優勢

続落。第1四半期(7-9月)決算を発表しており、営業損益は6700万円の赤字(前年同期は1500万円

記事を読む

no image

アズジェント—買い気配、使い捨てパスワードの提供に関心

買い気配から。使い捨てのパスワード「ワンタイムパスワード」を提供する製品を販売すると報じられたことが

記事を読む

no image

MDNT—急伸、「樹状細胞を増幅する特許技術」の実施許諾契約を締結

急伸。アイロムHDの子会社であるディナベック社と、「樹状細胞を増幅する特許技術」の実施許諾契約を締結

記事を読む

no image

3Dマトリック—切り返す、インドネシアで吸収性局所止血材の製品登録申請

後場は切り返す。昼休み時間中に、インドネシアにおいて、吸収性局所止血材「TDM-621」の医療機器製

記事を読む

no image

サイバダイン—反発、野村の目標株価引き上げを材料視

反発。野村證券が目標株価を3850円から4400円に引き上げている。レーティングは「バイ」を据え置い

記事を読む

no image

メディアドゥ—買い先行、LINEがスマホ向けにマンガを海外配信と伝わり

買い先行。LINEが、年内にスマホ向けに漫画の海外配信を始めると報じられたことが材料視されている。同

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑