伊藤園が大幅続落、減益転換の第3四半期決算をマイナス材料視

公開日: : 注目トピックス 日本株

伊藤園<2593>が大幅続落。同社は前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は153億円で前年同期比1.4%減益となっている。先の観測報道では160億円弱になったと伝わっており、想定線と捉えられるものの、あらためて上半期増益からの減益転換をマイナス視する動きになっている。コンセンサス切り下げの動きが表面化しているとみられるほか、消費増税後の対応策などにも不透明感と。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

《注目銘柄を探る》国交省、「次世代社会インフラロボット」の開発が加速

老朽化した橋やトンネルの点検や災害発生時の現場調査に使われる「次世代社会インフラロボット」の開発が加

記事を読む

no image

ディスコは急反落、個別業績速報を受けて短期業績に対する警戒感が台頭

ディスコは急反落。前日には第1四半期の連結売上高、個別業績速報を発表している。単独営業利益は44億

記事を読む

no image

きちり—渋谷SEDEに“大人の遊び場”「(仮称)igu & peace」オープン、インパクトを武器にした集客に期待

きちりは3月13日、「渋谷SEDE」に、遊び心あふれる“大人の遊び場”「(仮称)igu & pea

記事を読む

no image

田辺三菱製薬は売り優勢、一部格下げの動きをマイナス視

田辺三菱製薬は売り優勢。シティでは投資判断を「2」から「3」に格下げしている。目標株価は1500円

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比35円高の17825円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル120.42円換算)で、みずほFG、三井住友FG、

記事を読む

no image

電算システム Research Memo(5):コンビニなどでの払込票決済サービスが軸、国際送金サービスの伸びに期待

■事業の詳細 (2)収納代行サービス事業 収納代行サービス事業は、内容的に「払込票決済サービス

記事を読む

no image

《注目銘柄を探る》外国人観光客、免税対象拡大で化粧品と日用品の人気急上昇

外国人観光客の買い物姿が目立つようになったが、円安進行のほか、10月から消費税の免税対象が拡大したこ

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~メックがランクイン、一部格上げ評価を好感

メックがランクイン。一昨日には岩井コスモが投資判断を「B+」から「A」に格上げ、目標株価も550円

記事を読む

no image

パイプドビッツ—「第4回カーボン・オフセット大賞」奨励賞を受賞、IT業界初

パイプドビッツは19日、カーボン・オフセット推進ネットワークが主催する表彰制度において、奨励賞を受賞

記事を読む

no image

明光ネット Research Memo(3):3Q累計は増収減益、新規事業が順調に推移

■決算動向 (1)2014年8月期第3四半期累計業績 明光ネットワークジャパンが7月9日付で発表

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑