伊藤園が大幅続落、減益転換の第3四半期決算をマイナス材料視

公開日: : 注目トピックス 日本株

伊藤園<2593>が大幅続落。同社は前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は153億円で前年同期比1.4%減益となっている。先の観測報道では160億円弱になったと伝わっており、想定線と捉えられるものの、あらためて上半期増益からの減益転換をマイナス視する動きになっている。コンセンサス切り下げの動きが表面化しているとみられるほか、消費増税後の対応策などにも不透明感と。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~JDIが急落、一部格下げの動きを嫌気

JDIが急落でランクイン。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「ニュートラル」から「アンダーパフ

記事を読む

no image

ラクオリア創薬 Research Memo(13):研究開発拠点の移転で事業費用の削減を進める

■中期経営計画と業績見通し (3)費用計画の詳細 ラクオリア創薬は事業費用についても、十分な研

記事を読む

no image

FPGが急落、公募・売出の実施発表で需給懸念や希薄化懸念が強まる

FPGが急落。430万株の公募増資、200.4万株の売出、90万株のオーバーアロットメントによる売

記事を読む

no image

ワールドホールディングス Research Memo(8):2014年12月期は前期比4.3円増の年14.3円配の予定

■株主還元策 株主還元では、ワールドホールディングスは配当性向20%以上を基準に配当を実施してい

記事を読む

no image

インテリックス—リノベーション市場の拡大は確実、築20年以上が半数

リノベーションマンション販売のインテリックスは、日本の住宅ストックの現状についての調査レポートを発表

記事を読む

no image

アールテック・ウエノ—脱毛症・睫毛貧毛症治療薬として開発中の 「RK-023」ライセンス交渉継続

一部経済誌の育毛特集に、眼科・皮膚科向けに特化した創薬ベンチャーのアールテック・ウエノの記事が掲載さ

記事を読む

no image

C&GSYS—1Qは金型用3次元CAMシステムの好調で大幅増収増益

金型用CAD/CAMシステムを手掛けるC&Gシステムズは15日、第1四半期(2014年1月-3月期)

記事を読む

no image

カナモトが大幅続落、中期計画を受けて業績成長鈍化懸念が強まる

カナモトが大幅に5日続落。前日に中期計画を発表、数値目標がネガティブに捉えられているようだ。17年

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~ソフトバンクなど全般軟調、シカゴは大阪比50円安の14500円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル102.51円換算)で、三井住友、日産自、丸紅が小

記事を読む

no image

あい ホールディングス Research Memo(3):グループ16社で主要7事業を展開

■会社概要 (2)事業内容 上記のように同社は純粋持株会社であり、グループには連結子会社14社

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑