日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反発、指数寄与度の大きい銘柄は堅調

公開日: : 注目トピックス 日本株

29日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり211銘柄、値下がり13銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は反発。前日比211.29円高の15541.20円(出来高概算10億8000万株)で前場の取引を終えた。28日の米国市場ではNYダウが187ドル高となり、節目の17000ドルを回復。この流れを受けて日経平均は反発してスタートした。寄り付き直後は小動きだったが、先物へ断続的に大口買いが入った影響から、先物主導で上げ幅を拡大する展開となった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり、日経平均を約30円押し上げた。その他、ファナック<6954>、ソフトバンク<9984>、KDDI<9433>などの指数寄与度の大きい銘柄が堅調。為替相場が円安方向に振れたことから、トヨタ自<7203>や富士重<7270>などの自動車株も上位にランクインした。

一方、値下がり寄与トップは信越化<4063>となった。前日発表した上期決算は会社の従来予想や市場予想を上回る内容だったが、野村證券が投資判断を引き下げたことが弱材料視された。また、花王<4452>やオークマ<6103>は決算発表を受けて売られた。

*11:30現在

日経平均株価  15541.20(+211.29)

値上がり銘柄数 211(寄与度+229.94)
値下がり銘柄数  13(寄与度-18.65)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテイ 36890 755 +29.64
<6954> ファナック 18080 360 +14.13
<9984> ソフトバンク 7529 111 +13.07
<9433> KDDI 6919 118 +9.26
<6762> TDK 5950 150 +5.89
<6367> ダイキン 6437 149 +5.85
<6971> 京セラ 4675.5 53.5 +4.20
<7203> トヨタ 6270 98 +3.85
<9735> セコム 6283 95 +3.73
<6758> ソニー 1987.5 89 +3.49
<6902> デンソー 4960.5 84.5 +3.32
<3382> 7&I−HD 4114 84 +3.30
<8015> 豊通商 2553 83 +3.26
<4543> テルモ 2552 39 +3.06
<8035> 東エレク 6620 76 +2.98
<7733> オリンパス 3775 70 +2.75
<5713> 住友鉱 1478 69 +2.71
<7270> 富士重 3334.5 64 +2.51
<7269> スズキ 3350.5 60.5 +2.38
<4704> トレンド 3510 60 +2.36

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<4063> 信越化 6678 -190 -7.46
<4452> 花王 4050 -84 -3.30
<4901> 富士フイルム 3634 -76.5 -3.00
<4568> 第一三共 1622.5 -64 -2.51
<6103> オークマ 736 -19 -0.75
<4519> 中外薬 3200 -15 -0.59
<4502> 武田 4620 -9.5 -0.37
<9532> 大ガス 430.1 -5.2 -0.20
<2269> 明治HD 8880 -40 -0.16
<9020> JR東日本 8255 -33 -0.13
<5803> フジクラ 444 -2 -0.08
<4911> 資生堂 1796.5 -1.5 -0.06
<3103> ユニチカ 46 -1 -0.04

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ソフトバンクは需給懸念波及で続落、決算インパクトは限定的

ソフトバンクは伸び悩み続落。前日に決算を発表、前期営業利益は1兆854億円で前期比35.8%増益、

記事を読む

no image

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日の材料と銘柄】日東電がADRで2.65%高、最高益との観測(4件)

この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に掲載された記事を転載したものです。 ADR(

記事を読む

no image

USS Research Memo(4):リサイクル事業や中古自動車の輸出手続代行サービスを展開

■事業概要 (3)その他 ユー・エス・エスのその他事業では、子会社の(株)アビヅや(株)カーク

記事を読む

no image

アイ・エス・ビー Research Memo(1):受託開発型からサービス提供型への変身で、一段の飛躍を目指す

同社は1970年創業の情報サービス企業。携帯端末、基地局など通信制御のソフトウェア開発に強みを有す

記事を読む

no image

野村HDは格上げで買い優勢、利益回復は他社を上回るとの見方

野村HDは買い優勢。クレディ・スイス(CS)では証券セクターの投資評価を「オーバーウェイト」に引き

記事を読む

no image

ブイキューブ Research Memo(6):国内クラウドと中国の伸びで大幅増収増益の見通し

■決算動向 (2)2014年12月期予想 会社側では2014年12月期の連結業績を表のように売

記事を読む

no image

カイオム Research Memo(4):今期は9ヶ月の変則決算、赤字幅は期初と比べて縮小

■業績動向 (2)2014年12月期の業績見通し カイオム・バイオサイエンスの2014年12月

記事を読む

no image

H.I.S.が大幅続伸、投信設定による需給面が支援材料に

H.I.S.は大幅に3日続伸。前日には大和投資信託が「ダイワ・ニッポン応援ファンド−ライジング・ジ

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~大京が急伸、不動産関連に好材料

大京が急伸でランクイン。改正マンション建て替え円滑化法が18日に参院を通過、12月をメドに施行と前

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~ソニーなど全般軟調、シカゴは大阪比325円安の16885円(訂正)

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル118.28円換算)で、富士重、ソニー、日東電、ル

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑