アルチザ—買い気配、今期業績計画の再上方修正を好感

公開日: : 新興市場スナップショット

買い気配から。今期の売上高見通しを19.5億円から24.5億円へ、営業利益見通しを1.5億円から4.0億円へとそれぞれ大幅に上方修正したことが好感されている。高速データ通信(LTE)の次世代規格への移行に伴って、基地局の機能を検査する機器の需要が伸びることが背景のようだ。昨年12月にも通期計画を引き上げており、再上方修正がポジティブサプライズに。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日本通信—買い優勢、信用取引規制の解除を受けて

買い優勢。信用取引に関する臨時措置が解除されたことを受けて、見直し買い優勢の展開となっている。東証と

記事を読む

no image

エキサイト—S高、ブロードバンド事業への関心が高まり

ストップ高。直近では日本通信などMVNO関連が賑わう中で、同社についてもブロードバンド事業に対する関

記事を読む

no image

フリービット—売り優勢、決算発表を通過し出尽くし感も

売り優勢。先週末に本決算を発表し、前期営業利益は13.2億円と従来予想であった12.0億円を上回って

記事を読む

no image

ホットリンク—大幅反発、ビッグデータ活用の協議会立ち上げが伝わり

大幅反発。経産省が、異業種間でビッグデータの利活用を進める協議会を立ち上げると報じられたことが材料視

記事を読む

no image

ガンホー—反落、決算発表を受け売りが膨らむ

反落。第3四半期(1-9月期)決算を発表している。営業利益は前年同期比7.2%増の734億円となった

記事を読む

no image

ガンホー—買い先行、スーパーセル株の売却で特別利益が発生

買い先行。スマホ向けゲームアプリのスーパーセル社の同社持ち分を、ソフトバンクに売却すると発表したこと

記事を読む

no image

ロックオン—上場2日目も買い気配、ネット関連の小型案件として人気化続く

昨日マザーズ市場に上場し、上場2日目の本日も買い気配が続いている。ネット関連の小型案件として人気化が

記事を読む

no image

トランスG—急伸、膵がんマーカーに関する特許が米国で成立

急伸。膵がんマーカーに関する特許が米国で成立したと発表している。国立がん研究センター研究所にて発見さ

記事を読む

no image

ザイン—急伸、米クアルコム子会社にライセンスを供与

急伸。米クアルコム子会社に対して、独自技術であるV-by-One HS技術ライセンスを供与したと発表

記事を読む

no image

レッグス—S高買い気配、今期業績と配当予想の上方修正を材料視

ストップ高買い気配。上期の営業利益を2.1億円から3.3億円へ、通期見通しを5.1億円から6.0億円

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑