BBT—第2四半期業績予想の上方修正を発表、売上高が過去最高の見通し

公開日: : 注目トピックス 日本株

社会人向け通信教育のビジネス・ブレークスルー<2464>は17日、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)の業績予想の修正を発表した。売上高が従来の17.94億円から、前年同期比32.2%増の18.31億円、営業利益が0.96億円から同7.0%増の1.76億円、経常利益が0.93億円から同21.0%増の1.81億円、純利益が0.58億円から同10.0%増の0.94億円に、それぞれ上方修正している。従来の減益予想から一転、増益となる。

法人受注が堅調に推移し、新規法人案件を前倒して受注できたことが要因。第2四半期累計期間としては過去最高の売上高となる見通し。なお、15年3月期通期の業績予想については、売上高は前年同期比21.5%増の37.25億円、営業利益は同0.2%減の2.54億円、経常利益は横ばいの2.48億円、最終利益は同12.1%減の1.19億円で、5月9日発表の期初予想を据え置いている。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

サンワテクノス Research Memo(6):3つの事業を有機的に結合しバランスのよい成長目指す

■事業の詳細 (2)同社の強み 2.双方向取引の進化 双方向取引から始まった電子部門は、サンワテ

記事を読む

no image

大幸薬品 Research Memo(6):二酸化塩素ガスの安全基準策定で利用拡大に期待

■感染管理事業の現状と今後 (2)日本二酸化塩素工業会の自主基準策定 一般社団法人日本二酸化塩

記事を読む

no image

ナガイレーベ—上期は過去最高の売上高・営業利益を5期連続で達成

メディカルウェア(医療用白衣)販売のナガイレーベンは3日、2014年8月期の第2四半期累計(201

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅続落、構成銘柄のうち224銘柄が下落

6日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がりなし、値下がり224銘柄、変わらず1銘柄となっ

記事を読む

no image

アールテック・ウエノ—RU-101点眼液の米国における第1相/第2相臨床試験完了

アールテック・ウエノは10日、開発を進めている重症ドライアイに対する遺伝子組換え人血清アルブミン(開

記事を読む

no image

セプテーニHD—ネットマーケティング事業好調で増収増益を継続、メディアコンテンツ事業は先行投資期

セプテーニ・ホールディングスは1日、第2四半期累計(2013年10月-2014年3月期)決算を発表し

記事を読む

no image

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日の材料と銘柄】総会通知などはメール「電子株主」でお得に(6件)

この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に掲載された記事を転載したものです。 不動産売

記事を読む

no image

アデランス Research Memo(2):国内での業容拡大を図る一方で早くから海外市場に着目

■会社概要 (1)沿革 アデランスは、現代表取締役会長兼社長の根本信男(ねもとのぶお)氏らによ

記事を読む

no image

アイフルが急伸、改めて業界環境の改善を期待する動き

アイフルが急伸。自民党では貸金業の規制緩和の検討を開始すると伝わっており、改めて業界環境の改善を期

記事を読む

no image

明光ネット Research Memo(8):継続的な増配を基本方針として、配当性向を段階的に50%まで引き上げる方針

■株主還元策 明光ネットワークジャパンは株式上場以来、連続増配記録を続けており、2015年8月期

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑