BBT—第2四半期業績予想の上方修正を発表、売上高が過去最高の見通し

公開日: : 注目トピックス 日本株

社会人向け通信教育のビジネス・ブレークスルー<2464>は17日、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)の業績予想の修正を発表した。売上高が従来の17.94億円から、前年同期比32.2%増の18.31億円、営業利益が0.96億円から同7.0%増の1.76億円、経常利益が0.93億円から同21.0%増の1.81億円、純利益が0.58億円から同10.0%増の0.94億円に、それぞれ上方修正している。従来の減益予想から一転、増益となる。

法人受注が堅調に推移し、新規法人案件を前倒して受注できたことが要因。第2四半期累計期間としては過去最高の売上高となる見通し。なお、15年3月期通期の業績予想については、売上高は前年同期比21.5%増の37.25億円、営業利益は同0.2%減の2.54億円、経常利益は横ばいの2.48億円、最終利益は同12.1%減の1.19億円で、5月9日発表の期初予想を据え置いている。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ADR日本株ランキング~ソニーなど全般軟調、シカゴは大阪比325円安の16885円(訂正)

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル118.28円換算)で、富士重、ソニー、日東電、ル

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~池上通が急伸、短期資金の関心が集中

池上通が急伸でランクイン。大納会では出来高が膨らんだ1月の高値水準を突破、上値余地の広がりが意識さ

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(11/18号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 日基礎 406

記事を読む

no image

スギHDは堅調、調剤事業の収益貢献の本格化が見込まれる点などに評価

スギHDは堅調。ゴールドマン・サックス(GS)では投資判断「買い」継続で、コンビクション・リストに

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~アサヒが年初来高値更新、自社株買い発表を好感

アサヒが年初来高値更新でランクイン。500億円を上限に自社株買いを実施すると発表している。発行済み

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):ホンダ、野村HD、ミクシィなど

ホンダ:3317円(前日比+11円) 上値が重い。前日に第2四半期の決算を発表、7-9月期営業利益

記事を読む

no image

スタートトゥデイの強い動きが目立つ、FTSE採用思惑などが先行

スタートトゥデイの強い動きが目立つ。みずほ証券では、3月初旬に発表予定のFTSE定期見直しを予想し

記事を読む

no image

フジクラが急反発、今期見通しは保守的で上振れ余地が大きいとの見方に

フジクラが急反発。前日に決算を発表、前期営業利益は203億円で前期比3.1倍、従来計画の210億円

記事を読む

no image

マルエツが年初来高値更新、第1四半期の業績観測報道を好感

マルエツが年初来高値更新。第1四半期営業利益は11.5億円となり、前年同期比約4倍になった公算が大

記事を読む

no image

スクエニHDが急伸、ポジティブ材料が相次いで表面化

スクエニHDが急伸。ポジティブ材料が相次いで表面化しており、買い材料視される格好となっている。一部

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑