日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は先物主導でプラス転換、トヨタなどが堅調

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

【日経平均は先物主導でプラス転換、トヨタなどが堅調】

12時58分現在の日経平均株価は、15202.26円(前日比+6.49円)で推移。日経平均は前引け値から若干下げ幅を広げて始まっているが、その後は先物主導で下げ幅を縮め、プラス圏を回復している。ランチタイムの225先物は15140-15170円辺りでの底堅い値動きであり、現物の後場スタート後には15200円と上昇に転じてきている。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル=107円30銭辺りと、やや円安に振れている。

セクターでは、海運、水産・農林、化学、保険などがしっかり。一方で、その他金融、石油・石炭、ゴム製品、証券、情報・通信、非鉄金属、不動産などが軟調。売買代金上位では、ソフトバンク<9984>、富士フイルム<4901>、リクルートHD<6098>が軟調。半面、トヨタ<7203>、ミクシィ<2121>、ファナック<6954>が堅調。

【ドル・円は107円34銭付近、東京株式市場のプラス転換で堅調推移】

ドル・円は107円34銭付近で推移。ドル・円は、東京株式市場が下げ幅を縮小し、プラス圏に転じていることで堅調に推移。ユーロ・ドルは、1.2634ドルから1.2648ドルで推移。欧州中央銀行(ECB)によるストレステスト(健全性審査)への警戒感から上げ渋る展開。

12時58分時点のドル・円は107円34銭、ユーロ・円は135円65銭、ポンド・円は172円26銭、豪ドル・円は93円99銭付近で推移。上海総合指数は、2305.63(前日比-0.90%)で前引け。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

東京為替:ドル・円は101円60銭付近、日本銀行金融政策決定会合への思惑で動意薄

15日の東京外為市場午前のドル・円は101円60銭付近。ドル・円は、日本銀行金融政策決定会合への思

記事を読む

no image

17日の米国株見通し:NYダウは続伸か 住宅関連指標の数字が手掛かり材料に

17日のNYダウは続伸か。 16日のダウ平均は77.52ドル高の17138.20、ナスダックは9.5

記事を読む

no image

NY為替:ドル・円は107円15銭、米9月CPIの予想上振れでドル買い優勢

22日のニューヨーク外為市場で、ドル・円は106円90銭から107円38銭へ上昇し107円15銭で

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は101円87銭付近、株安が上値抑制要因に

ドル・円は101円87銭付近で推移。日経平均が15000円を割り込んでおり、株安がややドル・円の上

記事を読む

no image

日経平均は196円高、円安進行を好感した買いが先行

14時10分現在の日経平均株価は、16085.01円(前日比+196.34円)で推移。日米金利差拡

記事を読む

no image

欧米為替見通し:グローバリズム 対 ナショナリズム

本日8日の欧米市場のドル・円は、ウクライナ紛争の停戦合意への警戒感から上げ渋る展開が予想される。

記事を読む

no image

《24日のドル・円は“こうなる”》:中東の地政学的リスクに要警戒=フィスコ山下政比呂

【予想した日時】2月23日(ドル・円102.50-60円)【予想対象日】2月24日 ドル・円は、中

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は105円53銭、一時08年10月上旬以来となる105円71銭まで上昇

ドル・円は105円53銭付近で推移。ドル・円は一時2008年10月上旬以来となる105円71銭まで

記事を読む

no image

《25日のドル・円は“こうなる”》:TPP交渉、ウクライナ、日米金融政策=フィスコ山下政比呂

【予想した日時】4月24日21:50(ドル・円102.50-60円)【予想対象日】4月25日 ドル

記事を読む

no image

日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は49円安、主力株を中心に利益確定売り

【日経平均は49円安、主力株を中心に利益確定売り】 12時55分現在の日経平均株価は、15472

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑