BEENOS—ストップ高、営業投資有価証券の売却益計上を材料視

公開日: : 新興市場スナップショット

ストップ高。子会社の保有する営業投資有価証券を一部売却し、2015年9月期に売却益約4.2億円を計上すると発表している。なお、2014年9月期の営業損益は2.8億円~4.1億円の赤字見通しとなっている。来期の業績改善期待から買いが集中している。

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

メドレック—買い優勢、戦略的基盤技術高度化支援事業への採択を好感

買い優勢。「生分解樹脂製マイクロニードルアレイのディスポーザブル型装着技術の開発」が、経産省の「平成

記事を読む

no image

アイロムHD—ストップ高、iPS細胞作成用ウイルス発売との報道受け

ストップ高。iPS細胞を効率的に生産することができるウイルス素材を来夏にも発売すると報じられている。

記事を読む

no image

イリソ電子—買い優勢、みずほ証券の目標株価引き上げが支援材料に

買い優勢。みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を6400円から7600円へと引き上げたこと

記事を読む

no image

豊商事—買い気配、プロスペクトが1株400円で公開買付け開始

買い気配。プロスペクトが同社株式の公開買付け開始を発表している。買付価格は1株当たり400円で、期間

記事を読む

no image

エナリス—売り気配、公募増資の実施発表をネガティブ材料視

売り気配から。公募増資と第三者割当増資により、最大で約64億円を調達すると発表したことがネガティブ材

記事を読む

no image

サイバエージ—売り先行、三菱UFJの投資判断引き下げを嫌気

売り先行。三菱UFJが投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」へ、目標株価を5000円から

記事を読む

no image

日本通信—大幅続伸、売買代金は全市場でダントツに

大幅続伸。売買代金は全市場でトップとなっているほか、2位アイフルの4倍超となるなど、短期資金による売

記事を読む

no image

日本通信—大幅反発、イオン格安スマホの販売好調が伝わり

大幅反発。イオンが格安スマホの販売を開始し、3日までに3割の店舗で予約分が完売したと報じられたことが

記事を読む

no image

ユーグレナ—買い先行、ファミリーマートでの商品販売を材料視

買い先行。ファミリーマートにおいて、石垣産ユーグレナを使用したパンやデザートなど、合計8種類を発売す

記事を読む

no image

日特エンジ—売り優勢、前期業績の大幅な下振れを嫌気

売り優勢。前期の営業利益を13.0億円から7.0億円へと大幅に下方修正したことが嫌気されている。主力

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑