東京為替:ドル・円は107円34銭付近、東京株式市場の強含みで堅調推移

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

ドル・円は107円34銭付近で推移。ドル・円は、東京株式市場が強含みに推移していることで堅調推移。ユーロ・ドルは、1.2633ドルから1.2648ドルで推移。欧州中央銀行(ECB)によるストレステスト(健全性審査)への警戒感から上げ渋る展開。ユーロ・円は、135円45銭から135円67銭で推移。

13時06分時点のドル・円は107円34銭、ユーロ・円は135円66銭、ポンド・円は172円31銭、豪ドル・円は94円03銭付近で推移している。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

《1日のドル・円は“こうなる”》:ドルを持たざるリスクに要警戒=フィスコ山下政比呂

【予想した日時】7月31日21:40(ドル・円102.90-00円)【予想対象日】8月1日 ドル・

記事を読む

no image

日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は52円高、ファーストリテが日中高値を更新

【日経平均は52円高、ファーストリテが日中高値を更新】 12時59分現在の日経平均株価は、146

記事を読む

no image

欧州為替:イングランド銀行(英中央銀行)、金融政策据え置き

ドル・円は、G-20財務相・中央銀行総裁会議での為替協議への警戒感、米国10年債利回りの低下を受けて

記事を読む

no image

欧州為替:欧州勢、ドル買い持ちポジションのストップ・ロス

ドル・円は、欧州勢参入で、ドル買い持ちポジションのストップ・ロスで108円26銭まで軟調推移。 ド

記事を読む

no image

日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は先物主導で下げ幅を拡大、200円超の下落に

【日経平均は先物主導で下げ幅を拡大、200円超の下落に】 12時58分現在の日経平均株価は、14

記事を読む

no image

今日の注目スケジュール:日銀金融政策決定会合、ドラギECB総裁会見など

<国内> 08:50 前週分対外対内証券売買 08:50 7月日銀対政府取引 14:00 日銀金

記事を読む

no image

東京為替:ドルは120円14銭近辺でやや底堅い動き、中国本土株の上昇を期待した円売りも

ドル・円は120円14銭近辺で推移。上海総合指数は小幅安となっているが、香港ハンセン指数は上昇してお

記事を読む

no image

《29日のドル・円は“こうなる”》:ウクライナ情勢と日米金融政策への思惑=フィスコ山下政比呂

【予想した日時】4月28日21:10(ドル・円102.30-40円)【予想対象日】4月29日 ドル

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は103円89銭付近、7月FOMC議事録受けてドル・円堅調推移

21日の東京外為市場午前のドル・円は103円89銭付近。ドル・円は、東京株式市場が強含みに推移して

記事を読む

no image

後場に注目すべき3つのポイント~富士重、三菱地所、日鉄住金などが後場決算発表予定

31日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。 ・月初高への期待感から、押し目買い意欲

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑