《注目銘柄を探る》安倍内閣にインフルの猛威、厚労相が閣議欠席

公開日: : 注目トピックス 日本株

【インフルエンザ】安倍内閣の閣僚がインフルエンザの猛威にさらされていると報じられている。4日午前の閣議では新藤総務相がインフルエンザから復帰する一方、新たに田村厚生労働相が欠席。閣僚間で「インフルエンザに注意するように」と申し合わせたと伝えている。
また、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会は3日、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザ対策の一環として、新しい抗ウイルス薬「アビガン錠」の製造販売を承認しても差し支えないとする意見をまとめた。
3月にも承認される見通しで、政府は新型インフルエンザ流行に備えた備蓄の準備に入ると伝えている。新薬は、富士フイルムグループの富山化学がT-705の名称で開発し、申請していた。

<4901>富士フイルム(富山化学)
<3107>ダイワボウ
<3109>シキボウ
<3514>バイリーン
<4061>電気化学工業
<2269>明治HD
<2784>アルフレッサHD
<4224>ロンシール工業
<4403>日油
<4517>ビオフェルミン
<2176>イナリサーチ
<4507>塩野義製薬
<4519>中外製薬
<4549>栄研化学
<4554>富士製薬工業
<4563>アンジェスMG
<4568>第一三共
<4569>キョーリン
<4694>BML
<6869>シスメックス
<3105>日清紡HD
<3593>ホギメディカル
<3604>川本産業
<4502>武田薬品工業
<4503>アステラス製薬
<4506>大日本住友製薬
<8113>ユニ・チャーム
<4912>ライオン
<4967>小林製薬
<2267>ヤクルト
<4574>大幸薬品
<7649>スギホールディングス

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅反落、ファーストリテやファナックなどが指数を大きく押し下げ

27日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり16銘柄、値下がり204銘柄、変わらず5銘柄

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~クルーズは「NARUTO」関連ゲームへの期待感が高まる

クルーズがランクイン。グリーが配信予定のApp Store、Google Play向け「NARUT

記事を読む

no image

DVx Research Memo(9):医療機器セクターで多角化の可能性を追求する積極的な成長拡大

■中長期戦略 (2)長期展望 ディーブイエックスでは10年を目途に更なる医療機器セクターでの多

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~ヨロズが急落、ファイナンス発表で目先の需給懸念が先行

ヨロズが急落でランクイン。公募増資300万株、自己株式処分による売出100万株、オーバーアロットメ

記事を読む

no image

田淵電機は新規高評価で急伸、中期的にも利益成長が期待できるとも

田淵電機が急伸。前日には岩井コスモがレーティングを新規に「A」、目標株価を2000円としている。パ

記事を読む

no image

ワイヤレスゲート—N・フィールドと業務提携、M2M/IoTソリューションと在宅医療支援サービスを融合

ワイヤレス・ブロードバンサビを提供するワイヤレスゲートは14日、N・フィールドとの業務提携を発表した

記事を読む

no image

ラクオリア創薬 Research Memo(5):事業効果を最大化するため子会社を設立

■会社概要 (4)AskAt社の存在意義と将来性 同社は2013年1月に連結子会社のAskAt

記事を読む

no image

ビューティ花壇 Research Memo(9):新中計で今後3ヶ年を業績回復・向上への期間に位置付け

■中長期戦略 ビューティ花壇は、経常利益500百万円と東証1部上場を中長期的な目標に掲げ、スケー

記事を読む

no image

MUTOHHDは売り優勢、第1四半期決算を受けて短期的な出尽くし感が先行

MUTOHHDは売り優勢。前日に第1四半期決算を発表、経常増益率が限定的であること、業績予想が据え

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(10/28号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 三井松島

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑