■小林大純の銘柄選定:感染症拡大で注目される銘柄に注目

公開日: : 注目トピックス 日本株

フィスコアナリストの小林大純は、無料スマートフォンアプリ「FISCO」を活用して感染症拡大で注目される銘柄に注目しています。小林は、その要因として、足元で相場全体が低調に推移しているなか、注目テーマに関連した少数の銘柄に買いが集中している点を指摘しています。

FISCOアプリ向けに毎朝配信されるニュースに「強弱材料」があります。こちらは、各種報道や企業からのリリース、経済指標など日々の膨大な情報から、フィスコアナリストが本日の株価材料として特に重要であると判断してリストアップしたものです。

小林は、記事執筆時点(2014年10月14日)の「強弱材料」から、「エボラ熱、米国内で初感染か」という弱気材料に注目しました。一般的には、感染症拡大に対する懸念は、旅客の減少から空運業に打撃を与えるなど、一般的に株式市場全体にはマイナスの影響を与える(弱気)と考えられます。

小林は、反対に感染症拡大で注目される銘柄を指摘しています。予防・防護の観点では「マスク」などの重要性が増すと考え、「FISCO」の銘柄検索で「マスク」と入力し、検索してみました。

すると、一般用ガーゼマスクの川本産業<3604>のほか、防毒マスクの興研<7963>や重松製作所<7980>などが出てきました。小林は次のようにコメントしています。「エボラ熱対策の本命としては富士フイルム<4901>が注目されているが、これらの銘柄も短期的には物色の対象となる可能性がある。」

このように、注目テーマの確認と関連銘柄の検索に「FISCO」を活用することで、その日の投資のヒントが見つかるかもしれません。

新・最強の企業分析アプリ「FISCO」無料配信中
(iPhone/Androidに対応)

<NO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

トレックスセミ—高付加価値へのシフトで売上・利益は拡大局面へ

トレックス・セミコンダクターは、半導体デバイスの研究開発、設計製造及び販売を手掛ける。各種電子部品

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~信用取引規制解除で日本通信がランクイン

日本通信がランクイン。信用取引に関する臨時措置が解除されたことを受けて、見直し買い優勢の展開となっ

記事を読む

no image

ADワークス Research Memo(2):収益不動産事業が売上高、経常利益の8割を占める主力事業

■事業概要 (1)事業内容 エー・ディー・ワークスの事業セグメン

記事を読む

no image

三栄コーポレーション—「ビルケンシュトック原宿」をリニューアルオープン

三栄コーポレーションは、100%出資子会社で、ビルケンシュトック日本総代理店のビルケンシュトックジャ

記事を読む

no image

田淵電機が急伸、通期業績予想や配当予想の上方修正を好感

田淵電機が急伸。先週末に通期業績予想の上方修正、並びに、配当予想の上方修正を発表している。通期営業

記事を読む

no image

IBJ—8月の交際成立数が1万名突破、スマホでスキマ時間に婚活

婚活サービスのIBJは、同社が運営する婚活サイト「ブライダルネット」の14年8月分の実績にて、月間の

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(11/7号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 日水

記事を読む

no image

サイゼリヤは大幅続伸、3-5月期の営業利益が増益に転じる

サイゼリヤが大幅に3日続伸。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は35億円で前年同期比35%

記事を読む

no image

乃村工藝社—通期予想を上方修正、過去最高営業利益更新へ

ディスプレイ業界最大手の乃村工藝社の第3四半期業績は、主力市場である専門店市場と広報・販売促進市場

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大証比170円高の14670円(訂正)

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル102.3円換算)で、トヨタ自、ソフトバンク、ファ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑