ボルテージ Research Memo(2):「アート&ビジネス」を企業理念に掲げ設立

公開日: : 注目トピックス 日本株

■会社概要

(1)沿革

ボルテージ<3639>の創業者である津谷祐司(つたにゆうじ)氏は1985年に東京大学工学部を卒業後、博報堂(現博報堂DYホールディングス<2433>)に入社し、主として空間プロデューサーとして活躍した。その後、1993年に米国UCLA映画学部大学院に留学し、映画監督術やコンテンツビジネスを学んだ。その後、博報堂に戻り、社内ベンチャーでインターネット事業「おでかけナビ」を立ち上げた。退職後、1999年に同社を設立するに至った。

同社は、創業者の津谷氏の経歴を反映して、映画製作・Webコンテンツ配信及びメディアプラニングツール販売を事業目的とし、「アート&ビジネス」を企業理念に掲げて設立された。

1999年に第1作目のモバイルゲーム超バイオSF「Side-K」をNTTドコモ<9437>に、続けて2000年3月にジェイフォン東京(株)の「J-sky」(現Yahoo!ケータイ)向けにそれぞれ配信を開始し、「携帯公式サイト事業」がスタートした。「Side-K」はその後、「EZweb」公式サイトにも配信され、大手キャリアへの配信が出揃った。「携帯公式サイト事業」は2010年7月に「モバイルコンテンツ事業」へと名称を変更し、現在まで続く唯一の事業部門となっている。同社は設立当初の事業目的に沿って、「メディアプラニングシステム事業」「モバイル広告事業」「モバイルコマース事業」及び「パッケージ事業」を立ち上げたが、これらの事業は2012年までに順次終了された。

2010年6月にはグリー(株)<3632>が運営する「GREE Platform」向けに同社初のソーシャルアプリ「恋人はキャプテン for GREE」の配信を開始。続いて、大ヒットとなった「ダーリンは芸能人 for GREE」を配信開始。ストーリー性とソーシャルアプリならではの「アバター※」機能を組み合わせたコンテンツを開発したのは同社が初めてとなる。その後、2011年3月には(株)ディー・エヌ・エーが運営する「モバゲーオープンプラットフォーム」向けに「恋人はキャプテン for モバゲー」の配信を開始するなど、プラットフォームの拡張を進め、現在ではソーシャルアプリはパーソナルアプリ同様収益柱となるまでに成長した。

※アバター:インターネット上のコミュニティなどでユーザーが自分の分身として用いるキャラクター。アバターを用いて他のユーザーと交流したり、入手したアイテムで着せ替えを楽しんだりできる。

また、同社は海外展開にも積極的で、その拠点として2012年5月に米サンフランシスコにVoltage Entertainment USA, Inc.を設立し、津谷氏が現地に移ってCEOに就任した。

株式市場には2010年に東証マザーズに上場し、翌2011年に東証1部に変更、現在に至っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

光世証券が大幅続伸、中堅証券株の上昇が目立つ

光世証券が大幅続伸。本日は証券セクターが業種別上昇率上位となり、とりわけ、中堅証券株の上昇が目立っ

記事を読む

no image

ビューティ花壇 Research Memo(8):前期はM&Aによる規模拡大と主力事業の収益性改善で増収増益

■業績動向 (2)2013年6月期の業績 2013年6月期の業績は、売上高が前期比15.9%増

記事を読む

no image

JDIはしっかり、一部新規高評価が支援材料に

JDIはしっかり。東海東京では投資判断を新規に「1」、目標株価は555円としている。米国や中国スマ

記事を読む

no image

アンリツが急伸、通期下方修正も自社株買い発表を好感

アンリツが急伸。前日に自己株式の取得を発表、発行済み株式数の4.88%に当たる700万株を上限とし

記事を読む

no image

TOKAIホールディングス—14年3月期は利益計画を上振れての着地に

TOKAIホールディングスは8日、2014年3月期決算を発表した。売上高は前期比4.0%増の1889

記事を読む

no image

三井不動産は売り優勢、不動産セクターは本日もさえない展開に

三井不動産は売り優勢。不動産セクターは業種別下落率上位と、本日もさえない展開となっている。前日には

記事を読む

no image

サン電子—モバイルデータソリューション事業の売上増を見込み今期も増収増益へ

通信機器を扱うサン電子は9日、前期業績と今期業績見通しを発表した。前期売上高は前年比30.2%増の2

記事を読む

no image

イーグル工業は新規高評価で大幅続伸、現在のPER水準には割安感が強いとの評価

イーグル工業は大幅続伸。東海東京では投資判断を新規に「1」、長期での目標株価を2680円としている

記事を読む

no image

日本鋳造が急伸、想定以上の収益改善をポジティブ視

日本鋳造が急伸。先週末に発表した決算が好材料視されている。前期営業損益は1800万円の黒字、第3四

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~省電舎はバイオガス発電事業への関心が高まる

省電舎がランクイン。子会社のドライ・イー社が、バイオガスプラント事業において食品リサイクル事業を展

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑