欧州為替:ファビウス仏外相、ウクライナ問題は外交的に解決可能

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

ドル・円は、ウクライナ情勢緊迫化を受けて101円22銭まで弱含みに推移しているものの、ダブルノータッチ・オプション(101円・103円)の防戦買いで下げ渋る展開。

ユーロ・ドルは、ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事の発言で上げ渋る展開。

フランス人のラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事は、明日4日からウクライナ金融支援に関する作業を開始と述べ、ファビウス仏外相は、ウクライナ問題は、ロシアとの外交交渉で解決できる可能性、と述べている。

<MY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

NY金:反落で1337.9ドル、ウクライナ軍事衝突回避の状況となり売り優勢に

NY金は反落(COMEX金4月限終値:1337.9 ↓12.4)。ロシアとウクライナの軍事衝突が回

記事を読む

no image

日経平均寄り付き&為替概況:日経平均は48円安、前日の大幅上昇に対する戻り売りが先行

【日経平均は小幅反落、前日の大幅上昇に対する戻り売りが先行】 9時37分現在の日経平均株価は、1

記事を読む

no image

NY原油:続落で100.97ドル、米国内需要が一時的に後退との見方

NY原油は続落(NYMEX原油9月限終値:100.97 ↓0.70)。安値100.37ドルまで下落

記事を読む

no image

「NY為替」【市場反応】米4月S&Pケース・シラー住宅価格指数/FHFA住宅価格指数

外為市場では予想を下振れた米国の住宅価格指標に失望したドル売りが優勢となっ た。ドル・円は101円9

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は102円38銭、円高方向に大きく動く可能性は低いとの見方

ドル・円は102円38銭付近で推移。日経平均株価の上げ幅がやや縮小していることが多少意識されている

記事を読む

no image

米株式:「米国11月の雇用統計を控えて利益確定の売りが優勢か」

1日のニューヨーク株式市場は、11月の雇用統計を控えて利益確定の売りで上げ渋る展開が予想される。

記事を読む

no image

東証業種別ランキング:水産・農林が上昇率トップ、日水が年初来高値を更新

本日29日は、水産・農林が上昇率トップ。日水が年初来高値を更新。SMBC日興証券では投資判断を「2

記事を読む

no image

日経平均は291円高、一時15200円台を回復

14時07分現在の日経平均株価は、15189.30円(前日比+291.67円)で推移。後場の日経平

記事を読む

no image

東証業種別ランキング:電力・ガスが上昇率トップ、政策期待による物色も

本日12日は、電力・ガスが上昇率トップ。衆院選投開票を控え、自民圧勝が見込まれるなか政策期待か強ま

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は101円37銭付近、米FOMC結果判明まで手控える動きも

ドル・円は101円37銭付近で推移。東京株式市場が下げ渋っていることで、リスク回避的な円買いは縮小

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑