JIA—大幅続伸、直近IPO銘柄に見直しの動き

公開日: : 新興市場スナップショット

大幅続伸。9月30日に新規上場したFFRI<3692>が連日で賑わいを見せており、直近IPO銘柄に見直しの動きが強まっている。同社は、オペレーション・リースを始めとした金融ソリューション事業を展開しており、9月11日にマザーズ市場に上場。9月16日に7000円の高値を付けたのち、4350円まで調整が進んだが、見直し買い優勢で改めて水準を切り上げる展開に。

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

トリケミカル—買い気配、今期業績予想の上方修正と期末配当の増額を好感

買い気配。15年1月期業績予想の上方修正と期末配当の増額を発表している。営業利益見通しは従来予想の3

記事を読む

no image

カイオム—買い先行、中国における特許査定の受領を材料視

買い先行。基盤技術の1つである「ADLib axCELL」に関して、中国において特許査定を受領したと

記事を読む

no image

インフォコム—下げ目立つ、第1四半期の赤字決算を嫌気

下げ目立つ。4-6月期営業損益は2.3億円の赤字、最終損益は2.5億円の赤字で着地したことが嫌気され

記事を読む

no image

Bガレジ—大幅反発、前期業績の上振れを好感

大幅反発。前期営業利益を2.2億円から3.0億円へ、最終利益を1.4億円から1.7億円へとそれぞれ上

記事を読む

no image

日本通信—売り優勢、信用取引規制の強化を受けて

売り優勢。東証が、同社株の信用取引に関する臨時措置を発表したことがネガティブ材料視されている。委託保

記事を読む

no image

AMI—急伸、8月にもペンダント型ウェアラブル端末発売と伝わる

急伸。音声で予定確認などができるペンダント型のウェアラブル端末を8月に発売すると報じられており、材料

記事を読む

no image

竹内製作—3日ぶり反発、前期実績の上振れを好感

3日ぶり反発。前期営業利益を38.0億円から44.4億円へ、最終利益を37.2億円から46.2億円へ

記事を読む

no image

セレス—買い優勢か、クラウドサービス分野の業務提携と株式分割を好感

買い優勢か。クラウドソーシングサービスなどを手掛けるユニメディア社との間でクラウドソーシングにおける

記事を読む

no image

スターティア—買い気配、東証1部への市場変更を好材料視

買い気配から。2月28日をもって、東証マザーズから東証1部への市場変更を発表したことが好材料視されて

記事を読む

no image

マクドナルド—4日ぶり反落、7月月次売上高の急減を嫌気

4日ぶり反落。7月の月次売上高を発表し、既存店は前年同月比17.4%減、全店は同18.0%減と急減と

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑