3Dマトリックス Research Memo(1):止血材などパイプラインの事業化に向けた取り組みが海外で進行

公開日: : 注目トピックス 日本株

スリー・ディー・マトリックス<7777>は、2004年設立のバイオマテリアル(医療用材料)のベンチャー企業。米マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された「自己組織化ペプチド技術」の「独占的・全世界的な事業化権」を保有。同技術を基盤として外科医療領域、再生医療領域、DDS(ドラッグデリバリーシステム)領域での医療機器及び医薬品の開発を進めている。

焦点となっている吸収性局所止血材(TDM-621)(以下、止血材)に関して、国内での進捗は見られなかったものの、海外では事業化に向けた取り組みが着実に進んでいる。2014年7月以降、欧州各国の医療機関で臨床使用が開始されたほか、シンガポール、インドネシアで医療機器製品の登録申請を行った。また、南米や中国において子会社を設立し、グローバルでの事業展開に向けた体制を整えた。欧州での臨床使用では前向きな評価が得られており、順調にいけば第3四半期(2014年11月-2015年1月期)にも販売契約が見込めそうだ。また、アジアでもシンガポールで製品登録承認を取得できたことから、販売パートナーとの契約交渉を早期に進めていく。

歯槽骨再建材(TDM-711)は米国で第2段階目の治験開始に向けた米国食品医薬品局(以下、FDA)との協議を行っており、2015年4月期中の治験継続と同時に提携候補先企業との契約締結を見込んでいる。また、米国での事業化を目指している創傷治癒材(TDM-511)に関しては、第3四半期(2014年11月-2015年1月期)中には510(k)での申請を予定しており、順調にいけば2015年4~6月頃には製造販売の認可が得られ上市が見込まれる予定だ。粘膜隆起材(TDM-641)に関しては、2014年9月に国内で治験計画届を提出し、11月から治験を実施、2017年4月期の上市を目指している。粘膜隆起材に関しても、日本だけでなく欧州でのCEマーキング取得申請を行うと推察される。

2015年4月期第1四半期(2014年5月-7月期)の業績は、事業収益の計上がなく、営業損失が438百万円となった。通期業績は売上高が10,418百万円、営業利益が4,483百万円と期初計画を据え置いているが、業績計画達成のための前提として国内での止血材の製造販売承認取得と海外での販売契約締結があり、これらが計画どおり進まなければ計画を下回る可能性がある点には留意する必要がある。

■Check Point
・CEマーキング取得で欧州、アジア等で事業化に向けた具体的な動きが進む
・15/4期以降収益は急拡大の見込み、事業化の進捗に注目
・止血材市場は世界で30億ドル規模、シェア拡大余地は大きい

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

オプト Research Memo(6):データベース事業の成長などにより増益を見込む

■今後の成長戦略 (1)2014年12月期業績見通し 同社での2014年12月期の連結業績は、売

記事を読む

no image

キャリアリンク Research Memo(2):BPO関連とCRM関連を主力とする総合人材サービスを展開

■会社概要 (1)事業概要 キャリアリンクは1996年に創業した総合人材サービス会社で、現在は

記事を読む

no image

オリックス<8591>、ネットジャパンを子会社化

オリックス株式会社は、連結子会社を通じて株式会社ネットジャパン(東京都台東区)およびその関連会社の

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は4営業日続落 値下がり寄与度上位にはソフトバンク、ファナック

3日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり29銘柄、値下がり189銘柄、変わらず7銘柄とな

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(8/12号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR タマホーム 6

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~N・フィールドは株式分割の実施発表を好感

N・フィールドがランクイン。4月30日を基準日として、1:5の株式分割を実施すると発表したことが材

記事を読む

no image

キヤノンは買い先行、市場コンセンサス上振れの業績観測報道を材料視

キヤノンは買い先行。1-3月期営業利益は前年同期比5割増の800億円前後になったもようとの観測報道

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~小糸製が急伸、先週末発表の好決算を評価材料視

小糸製が急伸でランクイン。先週末に発表の好決算が評価材料視されている。前期営業利益は495億円で前

記事を読む

no image

フルスピード<2159>先週末にかけて売られた中小型株には見直しの動き(訂正)

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』6月23日放送にお

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~ナノキャリアなどバイオ関連が軒並み高に

ナノキャリアがランクイン。同社などバイオ関連が軒並み高となっている。ゲーム関連やLINE関連、ロボ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑