テラ Research Memo(10): 子会社を設立、あるいはM&Aを行い複数の新規事業をスタート

公開日: : 注目トピックス 日本株

■成長戦略

(4)先端医療周辺事業への展開

テラ<2191>では細胞医療事業を事業基盤としながら、更なる成長拡大を目指すため先端医療周辺事業についても、2013年以降、子会社を設立、あるいはM&Aを行うことで複数の新規事業をスタートさせている(表参照)。

2013年5月にはイメージングCRO(治験支援サービス)事業を行うタイタンを設立し、2014年2月にはゲノム分析で高度なノウハウを持つジナリスと合弁でオールジーンを設立した(出資比率51%)。前述した少額短期保険会社のミニンシュラーも含めて、2015年12月期までは事業立ち上げ期となるため利益貢献は見込めないが、数年後には黒字貢献が期待されると考えられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅反落、指数寄与度の大きい値がさ株の下げ目立つ

17日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり2銘柄、値下がり222銘柄、変わらず1銘柄と

記事を読む

no image

7&iHDは買い優勢、他社比較での業績安定感の強さなどを評価する動き

7&iHDは買い優勢。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は775億円で前年同期比5%増、セブン

記事を読む

no image

デリカフーズ Research Memo(4):第1四半期は増収減益、四半期ベースでは前期第3四半期を底に回復基調

■業績動向 (1)2015年3月第1四半期の業績概要 8月11日付で発表されたデリカフーズの2

記事を読む

no image

電算システム Research Memo(8):期初計画未達も2ケタ増益を達成

■財務分析 (3)2013年12月期決算 電算システムの2013年12月期は売上高が前期比5.

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~ソフトバンクなど全般堅調、シカゴは大証比30円安の14150円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.45円換算)で、ファーストリテ、エーザイ、

記事を読む

no image

ボルテージ Research Memo(3):恋愛ドラマアプリを最大の収益源にサスペンスなどの領域を開拓

■会社概要 (2)事業概要 ボルテージの事業モデルは、モバイルコンテンツを企画・制作して配信し

記事を読む

no image

ソフトブレーン Research Memo(6):自己資本比率は66.0%まで上昇、ネットキャッシュも大幅プラスに

■決算動向 (2)財務状況と経営指標 2014年3月末のソフトブレーンの財務状況について見ると、

記事を読む

no image

ファーストリテは買い先行、既存店売上高は大雪の影響で想定線との見方に

ファーストリテは買い先行。前日に2月の月次動向を発表している。既存店売上高は前年同月比0.8%増、

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~アドウェイズが大幅続伸、中国通信大手と連携と伝わる

アドウェイズが大幅続伸でランクイン。中国で通信大手のチャイナユニコムと組み、同社のアプリ配信サイト

記事を読む

no image

イオンが大幅続落、9月以降もGMSなどの既存店減収傾向が継続とも

イオンは大幅に3日続落。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「ニュートラル」から「アンダーパフォ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑