デリカフーズ Research Memo(8):前期より株主優待制度を導入、8月には優待制度を一部追加

公開日: : 注目トピックス 日本株

■株主還元策

デリカフーズ<3392>は株主還元策として、配当金に加えて、前期より新たに株主優待制度を導入したが、8月に優待制度の一部追加を発表した。従前の、「9月末時点の株主に対するこだわり野菜等の詰め合わせ贈呈」については変わらないが、今回新たに3年以上継続保有の長期保有株主(1,000株以上)に対して、機能性オリジナルドレッシング(非売品)を贈呈する。同社が長年続けてきた抗酸化力などの研究成果を基に開発したドレッシングとなる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

サン電子 Research Memo(2):情報通信分野でグローバル展開を図る

■事業概要 サン電子は、情報通信関連事業とエンターテインメント関連事業を2本柱とするIT機器メー

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~オリジンが急伸、業績予想の上方修正を評価

オリジンが急伸でランクイン。同社は前日に業績予想の上方修正を発表、上半期営業利益を従来予想の10億

記事を読む

no image

ネットイヤーグループ Research Memo(3):14/3期は4期連続増収と3期連続2ケタ経常増益を達成

■決算概要 (1)2014年3月期の連結業績 2014年5月9日付で発表された2014年3月期の

記事を読む

no image

《注目銘柄を探る》ハイチュウ、ポッキーなど日本のお菓子が海外で人気

森永製菓のソフトキャンディー「ハイチュウ」、江崎グリコの「ポッキー」、明治ホールディングスの「カール

記事を読む

no image

ビジネス・ブレークスルー Research Memo(5):上半期の売上高は4期連続、営業利益は2期連続で過去最高更新

■決算概要 (1)2015年3月期第2四半期累計業績について 10月30日付で発表されたビジネス

記事を読む

no image

ピジョンは決算好感で大幅続伸、中国事業の成長が継続

ピジョンが大幅続伸。前日に発表の第1四半期決算が買い材料視されている。営業利益は26.8億円で前年

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~三菱UFJは自社株買いと増配がポジティブサプライズに

三菱UFJがランクイン。先週末に上半期決算を発表、同時に発表した自社株買いと増配がポジティブなサプ

記事を読む

no image

OLCはもみ合い、業績観測報道もインパクトは限定的

OLCはもみ合い。第3四半期累計営業利益は、前年同期比約1割減の900億円強になったもようとの観測

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(8/13号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB サカタのタネ

記事を読む

no image

ヒマラヤ—12月の月次売上高1.5%減、客単価は2.7%増

スポーツ用品販売のヒマラヤは5日、12月の月次売上高を発表した。「ヒマラヤ」の既存店売上高は前年同月

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑