ミロク情報サービス—中小企業の事業承継、事業再生等を支援する子会社設立へ

公開日: : 注目トピックス 日本株

ミロク情報サービス<9928>は18日、中小企業の事業承継、事業再生等を支援する子会社「MJS M&Aパートナーズ」を22日に設立すると発表。同社グループは、全国の会計事務所とのネットワークを活用し、新規事業として、中小企業における事業活動の継続、雇用の維持等に資するため、事業承継、事業再生等を支援するサービスを推進する。

日本国内における経済・社会構造の変化の一つとして少子高齢化があり、日本経済を支える中小企業においては、経営者の高齢化が進行する一方、後継者の確保が難しく事業承継問題が深刻化している。同社グループは、今後、中小企業の事業承継や事業再生における解決策の一つとして、M&A(企業買収)の需要が増加すると考えている。また、顧客である会計事務所においても、顧問先企業から事業承継に関する相談が一層増えると予想している。

この状況下において、同社グループは、「中小企業における事業活動の継続」を第一義に考えたサービスを展開。その一つとして、同社の会計・税務システムを利用する約8,400の会計事務所と協力し、中小企業の事業承継、事業再生における悩みや課題に対して、個々の経営者の立場に立ったM&Aによる最適なソリューションを提供する。買い手企業のフィナンシャル・アドバイザーとして、みずほ銀行やりそな銀行、専門のM&A事業者の協力を得るなど、これから本格的に「中小企業の事業継続」を支援する体制構築に注力していく。
これは、同社の第3次中期経営計画における新規事業戦略の一環であり、中期的な業績貢献にも期待したい。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

3Dマトリックス Research Memo(2):止血材は国内で精度の高い臨床試験の追加実施も検討、海外で着実に進展

■主要パイプラインの動向 (1)吸収性局所止血材 止血材(TDM-621)の進捗に関して、国内

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~新生銀がランクイン、一部格上げ評価を材料視

新生銀がランクイン。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も260円から

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、ソフトバンクが約22円押し下げ

9日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり69銘柄、値下がり148銘柄、変わらず8銘柄と

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比50円高の15510円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル102.55円換算)で、みずほ、ANA、三住トラス

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~ソフトバンクなど全般軟調、シカゴは大阪比125円安の16035円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル108.89円換算)で、三井住友が小じっかりなほか

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~不動テトラなど低位建設株に短期資金の関心が向かう

不動テトラがランクイン。三井住友建設と同社が東証1部売買高の1位と2位を占めているように、低位建設

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~DWTIがランクイン、一部特許成立を材料視

DWTIがランクイン。シグナル伝達阻害剤開発プロジェクトで開発中の化合物に関する物質及び用途特許が

記事を読む

no image

ラクオリア創薬 Research Memo(2):ファイザーの日本法人の研究所を引き継ぎ事業をスタート

■会社概要 (1)沿革 同社の前身は世界的医薬品大手である米ファイザーの日本法人の中央研究所だ

記事を読む

no image

ヒマラヤ Research Memo(4):すべての商品カテゴリーで増収達成

■決算動向 (2)商品別売上動向 ヒマラヤの商品別の売上動向について見ると、主力の一般スポーツ用

記事を読む

no image

Iスペース—子会社とサイバーエージェント、ネイティブアプリ版恋愛ゲーム事業で提携

インタースペースは9日、子会社more gamesとサイバーエージェントは、ネイティブアプリ版恋愛ゲ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑