APLIX—大幅反発、Beaconモジュールの機能強化を材料視

公開日: : 新興市場スナップショット

大幅反発。O2Oや位置情報などの幅広いサービスの新しいソリューションである「Beaconモジュール」の機能を強化したと発表したことが材料視されている。電波の送信出力を設定アプリを使って変更したり、電池交換が必要になったら自動的に通知するなど、顧客からご要望の多かった機能に対応可能な新しいバージョンの出荷を開始したと。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

カイオム—売り気配、前期の赤字拡大見通しを嫌気

売り気配から。前期の売上高見通しを7.4億円から4.4億円へ、営業損益見通しを5.2億円の赤字から6

記事を読む

no image

サイバエージ—売り先行、三菱UFJの投資判断引き下げを嫌気

売り先行。三菱UFJが投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」へ、目標株価を5000円から

記事を読む

no image

ワイヤレスG—買い先行、N・フィールドとの業務提携を材料視

買い先行。N・フィールドとの業務提携を発表したことが材料視されている。同社が提供するM2M、IoTソ

記事を読む

no image

アドベンチャー—下げ止まらず、春秋航空日本との提携発表も影響は限定的

下げ止まらず。18日の上場以降きつい下げが続いている。足元のIPO銘柄は初値形成後、二極化が鮮明とな

記事を読む

no image

アンジェス—反発、エボラ熱抗血清製剤の開発開始を材料視

反発。遺伝子治療技術を応用し、エボラ出血熱対策医薬品として抗血清製剤の開発を国内で開始すると発表して

記事を読む

no image

メッセージ—買い優勢、野村の目標株価引き上げを材料視

買い優勢。野村が投資判断「バイ」を継続し、目標株価を3900円から4300円へと引き上げたことが好材

記事を読む

no image

ホットマン—初値人気化、小型IPO案件への人気は根強く

本日ジャスダック市場に上場し、初値は公開価格を約68%上回る871円となった。同社は、イエローハット

記事を読む

no image

SBIライフ—S高、今期業績計画の上方修正を好感

ストップ高。今期の営業利益見通しを11.4億円から13.7億円へ、最終利益見通しを7.0億円から8.

記事を読む

no image

イリソ電子—買い優勢、みずほ証券の目標株価引き上げが支援材料に

買い優勢。みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を6400円から7600円へと引き上げたこと

記事を読む

no image

野村マイクロ—大幅続伸、中国の上下水道事業に参入と伝わり

大幅続伸。中国の上下水道事業に参入すると報じられたことが材料視されている。貴州省において、浄水供給と

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑