APLIX—大幅反発、Beaconモジュールの機能強化を材料視

公開日: : 新興市場スナップショット

大幅反発。O2Oや位置情報などの幅広いサービスの新しいソリューションである「Beaconモジュール」の機能を強化したと発表したことが材料視されている。電波の送信出力を設定アプリを使って変更したり、電池交換が必要になったら自動的に通知するなど、顧客からご要望の多かった機能に対応可能な新しいバージョンの出荷を開始したと。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

アルチザ—買い先行、第3四半期の好決算を好材料視

買い先行。13年8月-14年4月期営業損益は7.4億円の黒字で着地した。モバイルネットワークソリュー

記事を読む

no image

タケダ機械—S高買い気配、今期業績予想の上方修正を好感

ストップ高買い気配。今期の営業利益見通しを1.6億円から3.4億円へ、最終利益見通しを1.0億円から

記事を読む

no image

ホットリンク—強い動き、IPO再開を控えて昨年末上場銘柄に関心

強い動き。マザーズ市場では同社のほか、HMTやシグマクシス、ブイキューブなど、昨年末上場銘柄の上昇が

記事を読む

no image

リプロセル—買い先行、米英バイオ企業の子会社化を材料視

買い先行。3次元細胞培養を手掛ける英Reinnervate社、ヒト生体材料のバンキング及び提供などを

記事を読む

no image

EG—切り返す、上期業績予想の上方修正を好感

売り一巡後は切り返す。上期の営業利益見通しを3900万円から8500万円へ、最終利益見通しを3000

記事を読む

no image

イリソ電子—売り優勢、決算通過で出尽くし感も意識される

売り優勢。前日に第1四半期決算を発表し、売上高は前年同期比21.7%増の89.9億円、営業利益は同4

記事を読む

no image

C&GSYS—続伸、発行済株式の約5%を上限とする自己株式取得を発表

続伸。55万株、3億円を上限に自己株式取得を実施すると発表している。発行済み株式総数(自己株式を除く

記事を読む

no image

AMBITIO—後場一段高、値動きの軽さが材料視され上値追い

後場一段高。本日マザーズ市場に新規上場し、初値は公開価格を約62%上回る1555円となった。同社は、

記事を読む

no image

レッグス—S高買い気配、今期業績と配当予想の上方修正を材料視

ストップ高買い気配。上期の営業利益を2.1億円から3.3億円へ、通期見通しを5.1億円から6.0億円

記事を読む

no image

トリケミカル—買い気配、今期業績予想の上方修正と期末配当の増額を好感

買い気配。15年1月期業績予想の上方修正と期末配当の増額を発表している。営業利益見通しは従来予想の3

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑