エヌピーシー—買い優勢、今期の業績観測報道を材料視

公開日: : 新興市場スナップショット

買い優勢。15年8月期営業利益は、前期推定比50%増の6億円前後となる見通しだと報じられたことが材料視されている。太陽電池の受託加工の需要は一服するものの、既存設備のメンテナンスなど新規事業が業績に寄与するもよう。四季報予想の15年8月期営業利益は6.8億円が見込まれておりサプライズはないとみられるが、順調な業績拡大見通しが前向きに評価されている。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

菊池製作所—買い優勢、介護用マッスルスーツ事業化計画にあらためて関心

買い優勢。同社やサイバーダインなど、ロボット関連の一角が堅調。経済産業省が、「平成26年度 ロボット

記事を読む

no image

DWTI—大幅反発、緑内障治療剤の国内第3相臨床試験結果を材料視

大幅反発。緑内障治療剤「K-115点眼液」について、国内で実施された第3相臨床試験結果が学会発表され

記事を読む

no image

JIA—大幅続伸、直近IPO銘柄に見直しの動き

大幅続伸。9月30日に新規上場したFFRIが連日で賑わいを見せており、直近IPO銘柄に見直しの動きが

記事を読む

no image

ミクシィ—売り先行、ネット関連株がさえない動き

売り先行。同社など、主力のネット関連株がさえない動き。中国電子商取引大手アリババの米国での上場が接近

記事を読む

no image

DWTI—買い優勢か、緑内障・高眼圧症治療剤を新発売で業績予想上方修正へ

買い優勢か。緑内障・高眼圧症治療剤がライセンスアウト先の興和株式会社より、2日新発売されたと発表して

記事を読む

no image

エイジス—自社株買いの取得枠設定を材料に

先週末、自社株買いの取得枠の設定を発表している。発行済株式数の1.67%にあたる8万株を上限とし、年

記事を読む

no image

プラズマ—S高買い気配、今期業績予想の大幅上方修正を材料視

ストップ高買い気配。今期の営業利益計画を1.0億円から3.8億円へと大幅に上方修正したことが材料視さ

記事を読む

no image

東洋合成—ストップ高、上期及び通期の業績上振れを好感

ストップ高。上期(4-9月)決算を発表している。感光性材料事業において需要が伸長したことなどにより、

記事を読む

no image

OTS—反発、子会社がライセンス導出抗体の第1相臨床試験治験届を受理

3日ぶり反発。連結子会社であるイムナス・ファーマ社が、協和発酵キリンにライセンスアウトした抗アミロイ

記事を読む

no image

リアルコム—ストップ高、太陽光受け入れ停止の影響は軽微と発表

ストップ高。本日昼に、電力各社が太陽光などの再生可能エネルギーの新規受け入れを停止した影響についてリ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑